マネー研究所

桐谷さんの株主優待入門

桐谷さんの優待投資 リーマン・ショックで心の支えに

日経マネー

2018/11/9

桐谷広人(きりたに・ひろと) 69歳。元プロ棋士(七段)。1984年の失恋を機に株式投資を始める。現在800以上の優待銘柄を持ち、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒やされる人柄も人気の理由
日経マネー

株主優待を利用するために自転車で走り回る独特のライフスタイルと愉快なキャラクターが注目され、本誌をはじめ、テレビのバラエティー番組や講演会などで大人気の桐谷広人さん。実に年間約800銘柄分の優待を取得し、食事から服、日用品、家電、レジャーなどまで、生活の大半を優待で得た品物や優待券で賄っている。今回は、株主優待の良さについて語ってもらった。

「今は、多くの人に優待株の良さを知って投資してもらいたい、と心から思っています」と桐谷さん。優待投資は誰にでも楽しく気軽にできる。そして優待品は届くとうれしいのはもちろん、株式投資を続けていく上での「心の支え」にもなると感じているからだ。

優待は株式投資に関心を持ったり、様々な企業やお店、商品を知ったりするきっかけになる。また優待を使うことで、自分が興味を持つ対象が広がることもある。

例えば、桐谷さんは映画を年間約100本見る。「初めは優待券を消化するために半ば義務のように見ていましたが、そのうち様々なジャンルの話題の映画を見るのが面白くなりました。それで、テレビで映画の話をしていたら、今では映画の評論や宣伝の仕事も来るようになりました」。映画の仕事では、俳優のジョニー・デップやスティーブン・スピルバーグ監督とも会った。「そういう貴重な体験ができるのも、優待投資をしているおかげ。だから、映画関連の優待株はずっとお気に入りです」。

最近、全国各地で行っている講演会でも、そうした優待投資の楽しさを伝えている。

■資産額は過去最高を更新

優待品が投資の「心の支え」になるというのも、自身の経験から実感していることだ。

桐谷さんの現在の資産額は約3億3000万円と過去最高の水準。リーマン・ショック(2008年)以前のピーク時に記録した約3億円を、“優待投資パワー”でついに更新した。ただ、30年を超える投資歴の中で、このスタイルと資産額にたどり着くまでには起伏の激しい道のりがあった。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL