WOMAN SMART

ヘルス

感染力ははしか並み 大人の百日咳、じわり広がる

日経ヘルス

2018/11/5

写真はイメージ=PIXTA
日経ヘルス

気温が下がり、空気が乾燥してくると、咳をする人が増える。咳を引き起こす病気の中でも、近ごろ注目されているのは“大人の百日咳”だ。

(イラスト:山田歩)

「かつては子どもだけの病気とされてきたが、近年、成人の発症が問題になっている」と話すのは、国立感染症研究所感染症疫学センター第一室主任研究官の神谷元さん。

厚生労働省が2018年1月から始めた調査によると、7月1日(第26週)までに報告された百日咳患者2517人のうち、20歳以上が4分の1を占めていた。大人の場合は咳の症状が強く出ないことも多く、「自覚のないまま菌をまき散らしている可能性もある」(神谷さん)。大人での死亡例はほとんどないが、体が未熟で百日咳の免疫が十分でない生後6カ月未満の乳幼児にとっては致命的になり得る。

百日咳は百日咳菌による感染症で、その名の通り、咳が数週間から数カ月続くのが特徴だ。百日咳菌の感染力は、感染力が非常に強いはしか(麻疹)と同程度といわれ、つばなどのしぶき(飛沫感染)や菌がついたものに触れる(接触感染)ことで広がっていく。

「ワクチンを接種している大人は百日咳にかかりにくいのでは?」と思う人は少なくないだろう。「子どもの頃に定期接種として4回ワクチンを受けている人でもワクチンの効果は4~12年で落ちるといわれている。そのため、小学校高学年や中高生、大人の間で百日咳患者が増えているようだ」(神谷さん)。大学生が集団感染を起こしたことも記憶に新しい。

感染を広げるのは、咳がさほどひどくない発症から3週間ほどの「カタル期」と考えられている。その後の激しい咳は百日咳菌が作り出す毒素に対する反応で、実はこの時期は咳をしても菌をまき散らしていない。

(グラフ:増田真一)

そのような中、2015年に新しい検査法が加わり、感染を広げやすいカタル期でも百日咳の判定ができるようになった。百日咳は発症から4週間以内に抗菌薬による治療を開始できれば咳の症状は軽くなり、治るまでの期間が短くなる。「大人でも咳が1週間続く場合は百日咳の可能性も考えてほしい。たかが咳と思わず、感染を広げないように早めに医療機関を受診して」と神谷さんは注意を促す。

神谷元さん
国立感染症研究所感染症疫学センター第一室主任研究官。1999年三重大学医学部卒。聖路加国際病院、米カリフォルニア州サンディエゴ郡保健局などを経て、2008年より現職。日本小児科学会専門医。専門はワクチンで予防できる感染症。

(日経ヘルス編集部 中西奈美)

[日経ヘルス2018年11月号の記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL