マネー研究所

ポイント賢者への道

誕生月はポイント増量 クレカで特典、還元率3倍 ポイント賢者への道(86)

NIKKEIプラス1

2018/10/31

写真はイメージ=PIXTA

ポイントカードやクレジットカードには利用者の誕生月に特典を設けることがよくあります。一般的なのがポイントアップです。例えば年会費無料のクレカ「ライフカード」は、通常0.5%のポイント還元率が、誕生月には3倍の1.5%になります。その他いくつか例を紹介しましょう。

西武、そごうの店舗では誕生月にポイントカード(クラブ・オン/ミレニアム)を提示して1000円(税抜き)以上の買い物をすると、200円相当のポイントが贈呈されます。対象は1日1回です。その月にもし5日買い物をすれば合計1000円分です。別途、通常のポイント(代金の2~7%)も付きます。

マルエツの場合、「Tポイント」カードの還元率が通常の0.5%から誕生月には1%へと高まります。そのためには専用アプリ(マルエツチラシアプリ)が必要です。誕生日の前月20日までにダウンロードし、個人情報登録済みのYahoo! JAPAN IDでログイン操作をしておきます。後で誕生月クーポンが配信されてきたら画面をクリックして完了です。

同じくアプリのダウンロードでポイント増量につながるのがクレカ「エムアイカード」です。登録すると誕生月用のクーポンが配信されて還元率は通常の2倍となります(三越伊勢丹グループの百貨店は除く)。

年会費1万円(税抜き)の「楽天プレミアムカード」は楽天市場などでの買い物を対象に1%分のポイントが上乗せされます。年会費2万円(税込み)の「オリコカード ザプラチナ」は還元率が2倍の2%になります。「MUFGカード」のゴールド以上には入会時に好きな月を指定してポイントが1.5~2倍になる仕組みがあります。誕生月に限らず、結婚記念日や、出費の増える12月に設定しておくのもお薦めです。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2018年10月27日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL