N
ランキング
何でもランキング

2018/10/28

何でもランキング

6位 浜太郎(浜松市) 390ポイント
「浜松餃子 桜えび餃子」 ぷりぷりで甘く、シソ香る

1人当たりの餃子消費量で1、2位を争う浜松市の餃子。駿河湾に面した由比漁港で水揚げしたプリプリの桜えびを具に練り込み、シソの葉と皮で包んだ。「エビの味が甘く、シソの香りが鼻を刺激する。エビの食感もあって食べて楽しい」(小野寺さん)。「シソの色がよく、エビもぷりぷりしておししい」(寺本さん)、「海鮮系のスープがたまらない。シソの風味も良い。サクラエビの粗い切り方も歯触りが良い」(玉城さん)と、食感の良さを指摘する声が多かった。

(1)20個1490円(2)http://www.hamatarou.jp/(3)あり

7位 黒兵衛(福岡市) 340ポイント
「黒兵衛餃子プレーン」 バランス絶妙 酢じょうゆで

皮は自家製の鶏ガラスープで練り上げ、具には鹿児島県産の黒豚と8種類の野菜を混ぜ込んだ。「皮とあんのバランスが良く、味付けもうまい」(山下栄紀さん)。「もちもち感と焼き目のかりっと感がとても良い」(尾崎さん)、「皮がもっちりおいしい」(糸田さん)など、皮のおいしさを指摘する声があった。「小さめで、子供も食べやすい」(都築さん)、「酢じょうゆがちょうど合う。ネギがたっぷりで、ペースト状のあんも食べやすい」(玉城さん)。

(1)30個1150円(注文は2パックから)(2)http://kurobee.com/(3)あり

8位 琉珉珉(那覇市) 310ポイント
「ゴーヤー餃子」 ほろ苦く、豚の甘み引き立つ

具だけでなく、皮にもゴーヤーの搾り汁を練り込んだ。「ほんのりグリーンがきれい。ゴーヤーのほろ苦さがビールにあう」(糸田さん)、「ゴーヤーの苦みが好きな人にはたまらない」(福野さん)。具に使う豚肉は100%沖縄県産。「苦みはあまりなく、むしろ豚肉の甘さが際立つ。何個でも食べたい。飛び出るジューシーさもばっちり」(玉城さん)。「ゴーヤーは体の余熱を取り、目に良い」(ユウさん)という。「ほどよい苦み。野菜嫌いの子供にチャレンジさせたい」(島本さん)。

(1)96個4980円(2)http://www.ryu-minmin.com/(3)あり

8位 天平(大阪市) 310ポイント
「冷凍ひとくち餃子」 ピリ辛おつまみ いくつでも

大阪の歓楽街・北新地で創業し、60年以上。小ぶりな一口サイズは大阪餃子を代表する味になり、ミシュランガイドにも掲載された。「両面をかりかりに焼くとおいしい。ピリ辛風がくせになり、ビールのつまみに」(山下さん)、「ぱりぱり、一口サイズでいくつでも食べられる。少し辛みのアクセントがあるのでおつまみに」(藤原さん)とお酒との相性のよさを指摘する声が目立った。「小ぶりで食べやすく、ほどよい辛さが後をひく。友達や夫婦で食べたい」(島本さん)。

(1)70個4410円(35個入りが2箱)(2)http://www.tenpei.jp/(3)あり

10位 はちやの餃子(宮城県塩竈市) 270ポイント
「仙台あおば餃子」 さっぱり雪菜しゃきしゃき

あおば餃子は、仙台特産の「雪菜」PRのための統一ブランド。雪菜をたっぷり練り込んだ分厚く丸い形は、おまんじゅうのように見える。「目でも楽しめる1品。野菜たっぷりでヘルシー」(島本さん)、「形と色がかわいい。皮はもちもち」(ユウさん)と見た目の楽しさも評価された。肉は宮城県のブランド鶏「森林どり」を使用。「雪菜が大きめに切ってあり、しゃきしゃきの歯触り。鶏肉とオリーブオイルでさっぱり」(玉城さん)。ニンニクは不使用

(1)8個880円(2)http://www.hachiya-foods.co.jp/(3)なし

◇  ◇  ◇

ランキングの見方 数字は選者の評価を集計し、点数化した。ブランド名、所在地、商品名。(1)一包みの個数、税込み価格(送料別)(2)情報サイト(3)イートインできる実店舗の有無。写真は尾城徹雄。

調査の方法 焼き餃子協会(東京・港)などの推薦を基に、取り寄せが可能なご当地餃子21種類をリストアップ。商品同封のレシピに従って料理研究家の島本美由紀さんの指導で焼いてもらい、専門家11人が試食した。皮の食感やあんの味など餃子としての完成度、家庭で食べる場合の楽しさ、見た目のインパクトなどの観点で1~10位を選んでもらい、編集部で集計した。

今週の専門家 糸田麻里子(フードライター)▽尾崎彰信(料理人)▽小野寺力(焼き餃子協会代表理事)▽島本美由紀(料理研究家)▽玉城ちはる(歌手、「餃子女子」筆者)▽都築春美(ココロ食育スクール主宰)▽寺本りえ子(料理研究家)▽福野憲司(崎陽軒点心師)▽藤原奈津子(キッチンツールマイスター)▽山下栄紀(食品流通プランナー)▽ユウ・シャーミン(薬膳料理研究家)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2018年10月27日付]

NIKKEIプラス1の「何でもランキング」は毎週日曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧下さい。

注目記事