ライフコラム

ヒットを狙え

地元の専門店・職人とコラボ 上野「ノーガホテル」

日経トレンディネット

2018/11/8

野村不動産グループの直営ホテルブランド「ノーガホテル」1号店。2018年11月1日、東京・東上野に開業した
日経トレンディネット

野村不動産と野村不動産ホテルズは、ホテル事業の第1弾として、2018年11月1日、東京都台東区東上野に直営のホテルブランド「ノーガホテル ウエノ(NOHGA HOTEL UENO)」をオープン。コンセプトは「地域との深いつながりから生まれる素敵な経験」。ホテル業界でもコト消費の潮流が顕著になるなか、従来型のホテルにはなかった地域文化の発信と体験サービスに力を入れるという。

1号店が立地する上野エリアは、上野公園や美術館などの文化施設、アメ横などが集積し、下町情緒を体験できる浅草からも至近距離にある。外国人観光客が訪れる東京の人気エリアランキングでは7位に選ばれ、原宿・表参道エリアよりも人気が高い。

加えて、台東区は400年以上続く伝統工芸の工房や若手クリエーターらが集まるものづくりの街でもある。こうしたほかにはない地域の資源をホテル運営に活用。「地元の職人やデザイナーとのコラボで製作したオリジナル家具や備品、アートを通して、宿泊客に地域の文化を感じてもらいたい」と、野村不動産ホテルズの塚崎敏英社長は話す。

野村不動産といえば、高級マンションブランド「プラウド」が知られている。ゆったりした空間と上質な内装が売りのマンションだが、直営ホテルでもプラウドを手がけるインテリアデザイナーを起用。さらに、空間や家具、備品などをディレクションする総合キュレーターを、インテリアショップ「イデー」の創始者である黒崎輝男氏に依頼した。

マンションブランド「プラウド」のインテリアデザインの考え方を踏襲し、内装は上質感のあるシンプルなデザインに。1階のギャラリースペースでは、数カ月に1回のペースで現代アートの企画展を行う
地域のコミュニティーの場をめざし、2階ライブラリーやテラス席、レストランは、宿泊客以外でも利用できるようにした

■地域とコラボしたオリジナル製品も販売

ノーガホテル ウエノはJR・京成上野駅から徒歩5分の立地。低価格のホテルや居酒屋、韓国料理店などが集積する東上野の一角にある。敷地面積は約966平方メートルで10階建て。古い雑居ビルが立ち並ぶなか、アイボリー調のシンプルで上品な外観が目立つ。

ホテル1階のロビーフロアは、コンシェルジュカウンターとギャラリー・ショップ、レストラン、ラウンジで構成。ギャラリー・ショップでは、地域のアーティストや芸大生の作品を企画展として展示するほか、地域の職人やデザイナーとコラボしたオリジナルプロダクトを展示販売する。

例えば、レストランで使用する日本酒やビールのグラスは1931年創業の木本硝子のもの。江戸時代から続く江戸切子の技法に新たなデザインを取り入れた斬新な白切子のグラスはこのホテルのみで販売され、他社向けに製造する予定はないという。ホテルオリジナルの家紋やサインデザインなどを手がけた、手描き家紋職人の工房「京源」の紋切り折り紙や、海外でも人気の「伊藤バインダリー」のメモパッド、文具専門店「カキモリ」が手がけたインクとローラーボールペンは、東京土産にもなりそう。

現代のライフスタイルに合った江戸切子やグラスを製作する木本硝子は、レストランで使うオリジナルの黒と白の切子、日本酒グラスなどを手がけた
職人の手で作られたシンプルなメモパッド(伊藤バインダリー)と、文房具専門店「カキモリ」とコラボした3種類のオリジナルカラーインクとポールペン

ほかにも、「郡司味噌漬物店」の味噌や「鮒藤商店」のつくだ煮などレストランで使う食材や調味料、ワイン、日本酒なども地元の専門店から仕入れている。地域の提携先はホテルスタッフらが自ら足を運んで発掘した。「ホテル周辺の工房や店舗を400軒近く回り、ホテルの考えに賛同してもらったところと提携した」(ホテル担当者)。こうした地域のクリエーターと宿泊客を直接つなげて、ほかでは味わえない体験の機会を提供するために、イベントやワークショップも週1回開催する。

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL