MONO TRENDY

パラビジネスSelect

ヒントは手術室に! 「影が出ないライト」開発秘話

2018/10/27

「サクサク」で「ふわふわ」なパンを焼き上げるトースターが大ヒットするなど、革新的な家電を次々と発売しているベンチャー企業のバルミューダ(東京都武蔵野市)が、今度は「デスクライト」で、また新しい形の商品を生み出しました。

手元に影ができにくいのが特徴

新しいデスクライトの特徴は、手元に「影」ができないこと。従来のライトだと角度によっては自分の頭や手の影ができてしまうことがありましたが、このライトは手をかざしても影ができません。

この技術、実は手術用の照明からヒントを得ました。手術用の照明はたくさんの光源があるにもかかわらず、手元に影ができにくい作りになっています。その秘密は、LEDライトをおわん型のミラーに向けて逆向きに取り付けているのです。バルミューダのライトも仕組みは同じです。3つのLEDライトを逆向きにつけていますが、手術用と違うのは、ミラーが貝殻の形をしていることです。こうすることで、手元の広い範囲を明るく照らす革新的なライトが誕生しました。

LEDライトをおわん型のミラーに向け逆向きに取り付けた

価格は3万9960円(税込み)。光源にはブルーライトを抑えた太陽光LEDを採用しました。実はこの商品、ターゲットは子どもだそうです。「どんどん視力の悪い子が増えている。原因は諸説あるが喜ばしいことではない。自分も親として何かできればと思ってやっている」とバルミューダの寺尾玄社長は話します。

※この映像と記事は「WBS」(9月6日放送)の内容を再構成したものです。(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2018年10月1日付記事を再構成]

◇  ◇  ◇

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」の『パラビジネス 2分で経済を面白く』はテレビ東京の経済ニュースと経済番組の映像を短く編集し、記事とともに配信している。このコラムではそのなかから特にユニークな商品・サービスを中心に紹介していく。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL