マネーコラム

日経マネー 特集セレクト

親の認知症に備える 気持ちに配慮しつつ資産情報共有 マネー危機管理術(上)

日経マネー

2018/11/16

写真はイメージ=PIXTA
日経マネー

親の「認知症」、自身の「急病」や「相続問題」、頻発する豪雨や地震などの「自然災害」――。こうした日常を脅かす事態への対策はできているだろうか。万が一のとき暮らしを支えるお金の準備と資産管理を3回にわたり紹介する。第1回は親の認知症への備えについて解説する。

◇  ◇  ◇

人生100年時代。誰もがゴールまで、そしてその後の相続について、資産を安全な形で管理していきたいと願っている。子供などの家族による的確なナビゲートで、それは十分可能だ。

「第一のカギはどの金融機関に資産を預けているかを、周囲が知っておくこと」と、生活経済研究所長野・所長でファイナンシャルプランナー(FP)の塚原哲さんは言う。死亡したときも、口座のある金融機関に連絡し所定の書類を送付してもらうだけで総資産の確認、相続手続きが進められる。親の大切な財産を行方知らずにしないためにも情報共有しておくと安心だ。

■資産の預け先を互いに共有

残高欄を省けば気軽に記入、共有できる。適宜更新をす

毎日アクティブに生活をしている親が、「財産の全てを書き出してほしい」と子に言われ、不快な気持ちになることは想像に難くない。そこで、まず子供側が自分の財産リストを作り親に渡すのがお勧めだ。「自分にもしものことがあったとき、お金の預け先不明という事態にならないように共有しておく」と伝えよう。「自分財産などを明かさず、親に財産を教えてほしいというコミュニケーションは成立しない」(塚原さん)。やがて親がリストを作成する必要性に気付くだろう。親にリスト作りを促す場合には「金融機関の名称だけでよく、残高の記入までは要らない」ことも伝える。

マネーコラム 新着記事

ALL CHANNEL