健康・医療

from 日経Gooday

座りっぱなしの人の死亡リスク、14疾患で上昇確認

日経Gooday

2018/11/11

余暇のくつろぎの時間も、長時間の座りっぱなしは避けた方がよさそう。写真はイメージ=(c)Luca Bertolli-123RF
日経Gooday(グッデイ)

仕事以外の余暇の時間に座って過ごす時間が長い人では、運動習慣の有無にかかわらず、総死亡(あらゆる原因による死亡)と14種類の疾患による死亡のリスクが高まることが、米がん協会のAlpa V Patel氏らが行った研究で分かりました。

■余暇に座りっぱなしの人はどんな病気による死亡が増える?

これまでにも、余暇のほとんどを、テレビを見たりゲームをしたりして座って過ごす人は死亡リスクが高いという研究報告はありました。今回Patel氏らは、仕事を除く余暇の時間を座って過ごすことと、特定の死因による死亡の関係を調べることを目的に、「Cancer Prevention Study II(CPS-II)」という疫学研究の参加者のデータを分析しました。

CPS-IIは、がんの罹患と死亡に関する調査を目的として、米国の人々を前向きに追跡した研究[注1]です。今回は、1992年時点で50~74歳で、登録時には、がん、心臓発作、脳卒中、肺気腫/肺疾患などの主要な慢性疾患の病歴を持たず、分析に必要な情報がそろっていた人々を選んで分析しました。

1992年に行われた調査では、「過去1年間、日常的に、仕事を除く余暇の時間に座ってテレビを視聴したり読書をした時間はどれくらいか」という質問を設け、回答を3時間未満/日、3~5時間/日、6~8時間/日、8時間超/日から選択するよう依頼していました。今回は、1日に3時間未満の集団(5万8910人)を参照群とし、3~5時間の集団(5万4742人)、6時間以上の集団(1万3902人)と比較しました。

同様に、1992年に、余暇時間に中~強度の運動をしていたかどうかも尋ねました。

余暇のほとんどを座って過ごす人々は、そうでない人に比べやや高齢で、BMI(体格指数)値が高く、退職者や無職の人、喫煙者が多く含まれていました。

■6時間以上座っている人は循環器疾患、腎臓病などでの死亡が多い

21年間(中央値は20.3年)の追跡で、登録から1年以降の総死亡(あらゆる死因による死亡)と、がん、循環器疾患、糖尿病、腎臓病など22の死因による死亡の有無を調べました。

[注1]前向き研究:研究開始時点から将来に向かって生じる事象を追っていく研究

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL