カフェインの健康リスク、世界で関心 摂取量に目安も

「カフェインゼロ」をPRするアサヒ飲料
「カフェインゼロ」をPRするアサヒ飲料

カフェインの過剰摂取への関心が国内外で高まっています。米国、ドイツ、カナダ、フィンランドなどは昨年までに国民に過剰摂取への注意を喚起し始めました。健康に悪影響を及ぼさない摂取量の目安を公表する動きもあります。例えば、カナダ保健省が示す目安は成人で1日最大400ミリグラム。日本の食品安全委員会はカフェインの影響を解説する「ファクトシート」を公表して注意を促しています。

カフェインはコーヒー豆、茶葉、カカオ豆、ガラナといった素材に含まれる成分の一つです。コーヒーやお茶に含まれるほか、医薬品や食品添加物としても利用されています。カフェインを適量摂取すれば頭がすっきりしたり、眠気をさましたりする効果が期待できますが、過剰に摂取すると中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、不安、震え、不眠のようなマイナスの作用が表れる場合があります。特に子どもには悪影響を及ぼしやすいとされています。

日本では2015年、カフェイン中毒が原因で死亡したとみられる人の事例をメディアが報道したのをきっかけに特に注目を集めるようになりました。

食品安全委員会事務局の渡辺且之氏は「絶対安全という食品はなく、カフェインに限らず量の見極めが重要」と強調します。ただ、カフェインの影響は個人差が大きく、適量と過剰の境界線について科学的な根拠は必ずしも明確ではありません。同委員会はファクトシートの中で、先進各国や国際機関が示している最大摂取の目安を紹介していますが、参考データの位置づけです。

カフェイン対策を意識した商品やサービスも広がってきました。アサヒ飲料は今春、カフェインゼロのブレンド茶「アサヒ 十六茶」のリニューアルに合わせ、子どもが1日に摂取した水分とカフェインの量をチェックできる「カフェインマネジメントブック」を作成し、東京、大阪、名古屋の保育園に無料で配っています。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
次のページ
栗原久・元東京福祉大学教授「エナジードリンクやサプ
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧