健康・医療

病気・医療

薬を嫌がる子ども どのくらい飲めれば大丈夫? 子どもへの薬の上手な飲ませ方(1)

日経ドラッグインフォメーション

2018/11/18

子どもがなかなか薬を飲んでくれないと、途方に暮れたことがある人も多いはず。写真はイメージ=(c)Dean Drobot-123RF
日経ドラッグインフォメーション

「子どもがなかなか薬を飲んでくれない」――、こんな悩みを持つ人は少なくないでしょう。そこで、小児科門前の薬局で子どもの服薬指導に日々奮闘する薬剤師で、『極める!小児の服薬指導』(日経BP社)の著者でもある松本康弘さんに、子どもに薬を飲んでもらうための工夫を紹介してもらいます。明日から使える具体的なノウハウ満載です。

◇  ◇  ◇

薬を子ども(特に乳幼児)に飲ませる苦労は、子育てを経験したことがない方にはなかなか分からないと思います。かく言う私も、薬局に勤務するようになるまで、自分の子どもに薬を飲ませたことはなく、その大変さには気付いていませんでした。

■正論の指導に追い詰められている親は少なくない?

しかし、子育て中の同僚の薬剤師に聞くと、朝、保育園に連れて行く前に薬を飲ませるのはひと苦労だそうですね。「子どもは機嫌が悪いとそっぽを向くし、他のことをしていれば嫌がって泣き出すし……。仕事が始まる時間を気にしながら、身支度もしなくてはなどと毎日焦っています」。これは仕事をしているお父さん、お母さんにとってはよくある光景だと思います。

また、保育園で子どもが熱を出せば、仕事を中断して保育園に駆けつけ、その後、小児科を受診するわけです。そこで散々待って診察を受け、処方箋をもらって薬局に来ます。

その薬局で、「お薬は必ず飲ませてくださいね」と言われ、家に帰って子どもに飲ませようと頑張るものの、嫌がって泣かれる。そんなことをしていたら夕食の準備もできない……。

われわれ、小児科の処方箋を受け取る薬剤師は、何とか薬を飲んでもらいたいと思い、「ゼリーに混ぜて」とか、「ジュースに混ぜて」とか、「少量に分けて」とか毎回必死で説明します。でもある時ふと、「こういう指導はお父さんやお母さんを逆に追い詰めているのではないか」と感じたのです。

■薬はだいたい飲めば、効果は得られる!?

そう考えた時に、結婚式でよく聞く吉野弘氏の『祝婚歌』の一節を思い出しました。

「正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい」(『祝婚歌』より、一部を引用)

まじめな親御さんは、ジュースに溶かした時の残りかすも気にします。そんな親御さんに対して服薬指導という正論をかざして、追い詰めてしまっていないか――。

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL