きれい事でも… 社員の幸せ考えるのが経営者の役割前野隆司慶応義塾大学大学院教授(下)

前野隆司教授(写真右)と白河桃子さん(写真:稲垣純也)
前野隆司教授(写真右)と白河桃子さん(写真:稲垣純也)

社員を幸福にするために、企業の経営者、管理職はどうすればいいのか。社員自身は仕事にどう向き合うべきか。前回の記事「社員の幸福が経営を左右 ときめかない仕事は捨てよう」に引き続き、日本における「幸福学」の第一人者で、「幸せの経営学」をテーマに企業組織の幸福度を上げるためのコンサルティングも手がける、慶応義塾大学大学院の前野隆司教授に伺いました。

幸福になれる才能がある?

白河桃子さん(以下敬称略) 先日、ポジティブ心理学の権威と言われる米国人研究者、セリグマン氏が来日した時に前野先生と対談されていましたよね。米国はじめ世界的にみてもポジティブ心理学や幸福学を重視する動きは目立ってきているのでしょうか?

前野隆司さん(以下敬称略) ポジティブ心理学をはじめ、ハピネスやウェルビーイングを冠した分野は盛り上がっていますね。特に進んでいるのは米国で、やはり米国人は「ハッピー」になるのが好きな国なのでしょうか。ヨーロッパの方はややシニカルでしたが、最近は進み始めました。そして今、やっと日本が進みかけているという段階ですね。浸透度には差があります。

白河 日本でも徐々に企業が関心を持ち始めた印象はあります。長時間労働が常態化していた某大手広告会社では、社員の毎日の状態をパソコン上でチェックしてデータを蓄積し始めています。天気予報マークで社員個人やチームの状態をヒアリングする取り組みだそうです。人事分野でIT(情報技術)により課題を解決するHRテックの導入が盛んですが、前野先生のもとにも共同研究や調査の依頼が増えていますか?

前野 たくさんいただいています。一昔前にも、ES(従業員満足)の調査ははやりましたけれど、そのときは職場や仕事内容、上司への満足度への指標止まりでしたよね。今はアンケート測定の精度も上がりましたし、テクノロジーで測定できるようになった変化は大きいと思います。

高度な顔認識技術を使えば、常設カメラを設置するだけで、秒単位で社員の幸福度を測定することも十分可能です。おそらく、公式に発表していないだけで、アマゾン・ドット・コムやグーグルはすでに始めているのではないでしょうか。例えば表情や心拍数から社員の幸福度をリアルタイムで測って、「あなたは今日、ちょっと調子が悪いので、17時には帰ってください」というサインが送られてくるとか。今すぐにでも可能なシステムだと思いますよ。

白河 幸福度が測れる時代になってきたと。さらに、幸福度は個人が努力して高めることも可能なんですよね?

前野 専門的には「介入できる」ということですね。幸せの感じやすさというのは、先天的な部分と後天的な部分が半々くらいあって、心配性な遺伝子を持っている人はやはり幸福を感じにくいといわれています。幸福になれる才能が存在するんですね。でも、半分は後天的要素で決まるので、誰もがより幸せになれる。

やりたい仕事に没頭している人の幸福度は高い

白河 才能がなくてもできるんですね。どんなことをお勧めしていますか?

前野 「口角を上げる」「胸を張る」といった簡単なテクニックもありますが、一番大事なのは、本当にやりたいことを見つけ、本当に信頼できる仲間を見つけることですね。そのためには、自分が心から夢中になれる対象を特定するための振り返りや内省する時間をもつことが必要で、僕のワークショップではその介入を手伝うトレーニングを行っているんです。

調査をしてみるとよく分かるのですが、人生を賭けてやりたい仕事に没頭できている人の幸せ度は高いですよ。でも、そういう人はほんの一握りであって、大多数の人は「仕事はまあまあ面白い」くらいで、幸せ度もまあまあです。「やりたくない仕事をやっている」人は不幸せですね。だから、仕事にワクワク取り組める自分になることが重要です。

そのためのカギになるのは仲間で、本当に心を開ける仲間を見つけるのか、今いる仲間とよりよい関係を築いていくのか、どちらかの努力をしたほうがいいと思います。

注目記事
次のページ
幸せにも多様性がある