――これから40代に向かっていくにあたって、いまの心境は? 

竹内:20代のときは「30代がずっと楽になるよ」と言われて、30代になってみたら「40代はもっと楽だよ」とみなさんに言われるようになったので、「じゃあどんどん楽になっていこう」って(笑)。とはいえ、その代わり「できるでしょ?」という目線で見られることも増えてきたので、そういう意味では、「オーダーに応えられる自分でいなきゃいけない」というプレッシャーも出てきたのかもしれないですね。そのためには、まずは目の前のことをひとつずつ一生懸命にやっていくことが大事だと思っています。

映画『旅猫リポート』(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

――では、それに備えていまのうちにやっておくべきだと思うことはありますか?

竹内:いくつになってもヒールを履いて歩けるように筋トレしておこうとか、おいしいものを食べたり、旅行に行ったりできるようにしておきたいとか、そういう願望があるので、30代のうちに筋肉とお金をためるようにしたいですね(笑)。

笑顔でいることが輝き続ける秘訣

――いつ見てもステキな竹内さんですが、日々の生活で気を付けていることや欠かさずにやっていることがあれば、教えてください。

竹内:食べ物は体調に合わせるようにしていますが、お酒も好きなので、自分でおつまみを作ったりしながら楽しんでいます。そういう意味では、これも癒やしの時間といえますね。あと、必ずやっていることとしては、よく笑うように意識すること。たとえば、体の調子があまり良くないときでも、家を出るときにニコッとしてみて、ちゃんと笑えていれば、「今日も一日大丈夫!」と思えるので、私にとってはジンクスみたいなものですね。

――最後に、同世代の働く女性たちに向けて、メッセージをお願いします。

竹内:時間に追われて大変な人も多いかと思いますが、「追われる方がいいかも」と思ってみるのもひとつの方法。というのも、私もそうですが、「時間はいくらでもあるから、あとでやればいい」と思うと、時間なんてあっという間になくなってしまうものなんです。だからこそ、いまできると思ったことを先にやっておけば、あとで自分に対するご褒美の時間がつくれるので、「できることはすぐにやって、残りの時間を楽しみましょう!」とみなさんには伝えたいですね。

『旅猫リポート』

映画『旅猫リポート』(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社
監督:三木康一郎
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介ほか
配給: 松竹
10月26日(金)より、全国ロードショー
(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

【ストーリー】
5年前、元野良猫のナナは、交通事故にあったところを猫好きの青年・悟に助けられる。それ以降、飼い猫としてかわいがられ、悟と幸せな時間を過ごしていた。しかし、ある事情から悟はナナを手放さなければならなくなってしまうのだった。そこで、ナナと悟は新しい飼い主を探す旅に出ることになり、小学校時代の親友や高校時代の友人夫婦、そして幼少期からお世話になっている叔母を順番に訪ねていくことに。それは、悟にとっても人生を振り返る旅となるのだったが……。

(ライター 志村昌美、写真 厚地健太郎)