具材入れるだけで本格料理 お任せ電気調理鍋5選

圧力や温度、時間調整をマイコンで自動制御し、ボタンを押すだけで作れるメニューは10種類。カレーや肉じゃが、豚の角煮などの煮込み料理が短時間でおいしく仕上がる。

メニューボタンを押し進めると、「無水カレー」「カレー」と順に表示されるので、選んでスタートボタンを押すだけ。肉じゃがも短時間で、長時間煮込んだような味わいに仕上がる

使用最高圧力は90kPa、圧力時間は自由に設定でき、1~60秒までは1秒単位、1~60分までは1分単位ときめ細かく設定ができる。ほか、少人数世帯向けの2Lタイプ(SP-D131)も用意。

小泉成器「マイコン電気圧力鍋」 初心者にも使いやすい

容量2.5Lと小容量でキッチンに置きやすい初心者向けの小泉成器「マイコン電気圧力鍋 KSC-3501」。実勢価格は1万4000円前後

小泉成器の「マイコン電気圧力鍋 KSC-3501」は、「角煮」「肉じゃが」「煮豆」「炊飯」「玄米」というワンタッチキーを5種類用意。材料を入れたら、ボタン一つで調理が始められるので、初心者でも簡単だ。

そのほかの料理も圧力を5段階、加圧時間は1~199分の範囲で自由に設定でき、レシピブックには51種類のメニューが掲載されている。使用最高圧力は70kPa。予約タイマーは最大19.5時間で、煮込み調理以外で使用できる。初心者が導入しやすい価格も魅力だ。

5種類のワンタッチキーが分かりやすく、初心者にも使いやすい。手動で作るポトフは、圧力2、加圧時間4分でおいしく仕上がる

(家電ライター 田中真紀子)