マネー研究所

ポイント賢者への道

クレカ年会費にポイント充当 有利な交換レート生かす ポイント賢者への道(85)

NIKKEIプラス1

2018/10/24

写真はイメージ=PIXTA

クレジットカードはポイント還元があるためたいていは年会費負担を考慮しても現金払いよりお得です。しかし、それでも年会費は払いたくないという人もいるでしょう。最近はゴールドカードを中心に、ためたポイントを年会費として充当(交換)できるサービスが増えています。懐を痛めずに済みますし、使い道のないポイントを使うのに便利です。交換レートが、商品券などに換えるのに比べて有利なこともあります。

クレカでは一般に次年度の年会費を特定の月に請求され、通常は銀行口座から引き落とされます。ポイント充当サービスを使えば引き落としは止まります。

例えばクレディセゾンが発行する「ゴールドカードセゾン」は年会費が税込みで1万800円です。これにポイントを充てる場合、1万円相当(2000ポイント)で足ります。年会費の請求月の2カ月前までに会員サイトで申請しておきます。

JALカードの「CLUB―Aカード」(年会費1万800円)はたまったマイルを年会費に充てる形です。年会費とほぼ同じ価値のマイル数を充当します。同カードには、年3240円を追加で払うと通常よりマイルがたまりやすくなるサービスがありますが、その分もマイル充当が可能です。券面に記された「有効期限月」の25日までに会員サイトで申し込みます。

「SuMi TRUST CLUBカード」は交換レートが有利です。年会費1万2960円のゴールドは約8000円相当、年会費3万7800円のプラチナは約2万3000円相当のポイント数で済みます。

ゴールドカードは空港ラウンジを使え、プラチナならコンシェルジュデスクも利用できます。高額の旅行保険やショッピング保険も付きます。特典を受けながら年会費はポイントで賄うというのは賢い方法です。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2018年10月20日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL