NIKKEIプラス1

6位 登別伊達時代村(北海道登別市) 430ポイント
タイムスリップ ばっちり変身

江戸時代の街並みや文化を再現したカルチャーパーク。忍者だけでなく、お姫様やお殿様にも変身できる。「貸衣装をまとえば、江戸にタイムスリップした雰囲気を実感できる」(榎本さん)。北海道は外国人観光客も増えているため、案内にも力を入れている。「どの施設も英語対応ができており、英語ができる忍者がいるのがおもしろい」(山岡さん)。登別温泉も近い。「親子3世代の旅行先にすすめたい」(山田祐子さん)。子供向けの体験イベントは夏季中心に開催されている。

(1)JR「登別駅」からバスで約8分(2)http://edo-trip.jp/

7位 赤目四十八滝・忍者の森(三重県名張市) 380ポイント
登って渡って 大人も楽しい

かつて伊賀忍者が実際に修行していたとされる森の中で忍者体験ができる。同施設の増田成樹広報・企画部長によると「修行に焦点を絞った施設はここだけ。10月からは仮想現実(VR)を使った手裏剣体験を始めた」。国定公園の大自然の中で学ぶ修行体験は本格的。「壁を登り、手裏剣を投げ、綱を渡るなど大人も楽しめる」(山岡さん)。サンショウウオの水族館や名高い「赤目五瀑(ばく)を巡るハイキングコースも整備され、紅葉シーズンにも訪ねたい」(山田祐子さん)。

(1)近鉄「赤目口駅」からバスで約10分(2)http://www.akame48taki.com/

8位 戸隠(とがくし)民俗館(長野市) 340ポイント
からくり屋敷 出口はいずこ

併設する忍者からくり屋敷は、隠し扉などを自力で見つけ案内なしで出口までたどり着く独自のしかけ。戸隠流忍法資料館には「500点の忍具や写真パネルをわかりやすく展示しており資料性が高い」(高橋さん)。「建物はまわりの自然と調和している」(山田雄司さん)。民俗館には農具などを多く展示、「戸隠の文化を知りたい人におすすめだ」(小塩さん)。山本幸彦館長は「800年の歴史がある本物の忍者体験と民俗・文化を味わってほしい」と話す。11月下旬から4月下旬は休業。

(1)JR「長野駅」からバスで約1時間(2)https://www.togakushi-ninja.com/

9位 忍野(おしの)しのびの里(山梨県忍野村) 330ポイント
富士山麓 忍者と「はい、チーズ」

富士山麓に立地、ロケーションがうり。晴れた日には里からくっきりと富士山が見えるため、外国人も多く訪れる。四季折々の景色を見せる忍野の名水や日本庭園も美しい。忍者屋敷は「迷路のように仕掛けられた色々なからくりを見つけながら体験できる」(横倉さん)。親子で衣装に着替えて忍者になりきるプランが人気。忍者体験をしなくても「庭園の散策や足湯など、どの世代でも楽しめる」(榎本さん)。

(1)富士急「富士山駅」よりバスで約18分(2)https://www.oshinoninja.com/

9位 元祖忍者村・肥前夢街道(佐賀県嬉野市) 330ポイント
認定証を手に入れよ

嬉野温泉にある江戸時代の長崎街道を再現した施設。手裏剣や吹き矢、佐賀独自の葉隠流忍者検定など様々な体験ができる。参加回数でランクが上がる「キッズ忍者アカデミー」では「修行をクリアすれば認定証がもらえて子供も真剣になる」(有金さん)。親子で楽しめるイベント多数。「最近、嬉野に関係する忍者の古文書も見つかっている」(立石さん)といい、九州を代表する忍者スポットになっている。

(1)JR「武雄温泉駅」からバスで約40分(2)http://www.hizenyumekaidou.info/

◇  ◇  ◇

ランキングの見方 数字は選者の評価を点数化。施設の名前(所在地)。(1)交通手段(2)情報サイト。写真は1、2、3、4、7、8、9位(忍野しのびの里)尾城徹雄撮影。ほかは各施設の提供。

調査の方法 忍者体験ができる全国の施設から、専門家の協力で24施設をリストアップ。忍者について学びながら楽しめることや観光地としての魅力などの観点で10人の選者がそれぞれ1~10位を選定し、集計した。

今週の専門家 有金淳(いこーよ 感動体験プレゼンター)▽榎本久仁子(阪急交通社広報部)▽小塩稲之(日本観光文化協会会長)▽高橋俊宏(「Discover Japan」統括編集長)▽立石邦博(日本忍者協議会事務局長)▽野々松秀和(アソビュー パートナーソリューション部マネージャー)▽山岡大介(アカツキライブエンターテインメント マーケティング担当)▽山田祐子(井門観光研究所代表取締役)▽山田雄司(三重大学教授)▽横倉和子(日本旅行総研研究員)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2018年10月20日付]

NIKKEIプラス1の「何でもランキング」は毎週日曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧下さい。