グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

話題のこの店この味

卵かけご飯にトリュフ・キャビア・ウニ 東京・恵比寿

2018/10/23

3種の魚卵が盛りつけられた「海のたまごかけご飯」

また麻布十番の十番右京で新たに考案された「海のたまごかけご飯」(1780円、税別)も、恵比寿店で食べることができる。ウニとイクラがたっぷりのった、卵かけご飯にはキャビアがトッピングされている。3種の魚卵が一皿に盛り付けられ、卵のオレンジ、ウニのオレンジ、イクラの赤と色合いが輝くようで、なんとも豪華だ。食べるのがもったいないくらいだが、豪快に卵を崩してかきまぜていただく。ウニベースの秘伝のタレと魚卵が混然一体となった、ねっとりと芳醇な味わいはまさにぜいたくの一言。プラス1000円でキャビアの量を倍にし、金粉をのせることもできる。

トリュフを使う料理はこれだけではない。「トリュフポテトサラダ」(Sサイズ780円、Rサイズ1280円、税別)はポテトサラダに削ったトリュフをのせたもの。トリュフとの相性を良くするために卵を多めにしたポテトサラダには、隠し味として「いぶりがっこ」が混ぜ込まれている。すき焼きに削ったトリュフをのせた「トリュフすき焼きご飯」(1945円、税別)も大人気だそうで、こちらは銀座や渋谷の百貨店のイベントで行列ができたという。

厚いフォアグラが目立つ「和ダレつゆだくフォアグラご飯」

ほかにも名物料理がたくさんある。「和ダレつゆだくフォアグラご飯」(1430円、税別)はご飯の上に、大きく厚いフォアグラがドーンとのった一品。これほど厚いフォアグラはなかなか食べる機会がないが、1430円というリーズナブルな価格に驚かされる。「ウニしゅうまい」(2個770円、税別)は自家製シュウマイにウニをのせ、ウニソースをかけたもの。ダブルでウニを楽しめる。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL