グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

World Food Watch

台湾で「居酒屋」大人気 日本酒をちびり、シメは釜飯

2018/10/18

赤味噌と味わう「アメリカ産ショートリブステーキ」

塩・コショウと一緒に提供される「アメリカ産ショートリブステーキ」は、じっくり味わうのにちょうどいい一口サイズ。絶妙な焼き加減で軟らかく、ほどよい歯ごたえだ。皿の端に赤味噌が添えてあるのがポイントで、赤ワインにも合うような牛ステーキなのだが、深いコクの赤味噌をちょっとのせて味わうと、途端に日本酒の酒のつまみに早変わり。牛肉と赤味噌の新しいおいしさを、海外(台湾)で発見するとは! 日本人にもちょっと感動的な一品だ。

40種以上もの日本酒のボトルがずらりと並ぶ。台湾では珍しい光景

日本酒で特に人気なのが、「黒龍」や「賀茂鶴」など、海外でも有名なブランドだ。ほかに「大七 純米 生もと」といった生もと・山廃仕込みのものや、「火入れ」をしていないので管理が難しいとされる生酒などもそろえる。「日本が秋になれば、台湾には秋はないですが、台湾でも冷おろしを提供するんですよ」と流ちょうな日本語で説明してくれたのは、台湾人の女性スタッフ。

日本の日本酒専門の居酒屋と違うところは、一升瓶ではなく720ミリリットルサイズのボトルを基本とし、ボトル販売をしている点だ。台湾には日本酒専門の居酒屋がまだそんなに多くはないので、初めて日本酒を飲む客も多く、日本のように90ミリリットルとか、一合で種類豊富に提供していたのでは、開封したボトルが増えてしまい品質管理が大変なのだろう。中には300ミリリットルの小瓶でも提供している銘柄もある。

木目調のゆっくり落ち着いた店内

近年、日本酒に興味のある台湾人も増えてきており、じっくり飲んで最後にご飯ものでシメる日本のリアル居酒屋を体感できる貴重な店として、この人気はまだ続きそうだ。

(GreenCreate)


グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL