向井理さん 医療用AIの進化は人を幸せにするか「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」主演インタビュー

日経Gooday

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」で医療用人工知能(AI)診断システムミカエルを開発した医師鈴木哲郎を演じる向井理さん
「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」で医療用人工知能(AI)診断システムミカエルを開発した医師鈴木哲郎を演じる向井理さん
日経Gooday(グッデイ)

がんの特効薬、自殺防止治療法、クローン人間など、革命的な発明により“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描くWOWOWの人気ドラマシリーズ。その最新作「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」で医療用人工知能(AI)診断システムミカエルを開発した医師鈴木哲郎を演じる向井理さんに、役を通してAIについて感じたことや、ストレスフルな毎日の中で体調管理で心がけていることなどについて聞いた。

◇  ◇  ◇

―――今回のドラマでは、患者を診断する医療用AIを開発した医師を演じていらっしゃいます。近い将来、存在しそうなこの医師にどのような印象を持たれましたか。

向井:僕が演じる鈴木哲郎は、ミカエルというAI診断システムの開発者であると同時に、一人の医師です。医師の役割は人の命を救うことだと思うので、一人でも多くの患者を救うために新たなものを開発したという意味では、信念のある情熱的な人だと思います。

「気分や体調に左右されないAIに活路を求めるのは、ごく普通です」という内容の主人公のセリフがあるのですが、気分の浮き沈みがあり、腹痛が起こる日があるのが人間であり、出勤間際に家族とけんかしてイライラする日があるのも人間です。でも医師という職業には、どんな状態でも、高いクオリティーを保ちながら診断することが求められる。気分の変化などが医師としての質に少しでもマイナスに働くことがあるのであれば、この作品のように感情を持たず短時間で正確な診断ができるAIに診断を任せたほうがいいと考えるのは、自然のように思います。

正しい診断は、知識の蓄積量によってある程度左右されるはずです。「医師の勘」が知識や経験の蓄積で培われるとしたら、知識の容量が無限のAIで代用することも可能なのではないかと思います。毎年発表される論文を一瞬で読み込み、昔のものから最先端の診断アプローチまで網羅できれば、診断ミスの軽減につながるでしょう。

AIは60年ぐらい前から研究されてきましたが、近年、ディープラーニング(深層学習)という手法により学習能力が著しく向上するなど、第3次AIブームだといわれているそうです。そうした現状も踏まえると、やはり医療の診断にAIを導入するという風潮は間違っていないと思いますし、これからは、AIと共存していくことを考えなければいけないと思いました。

AIの発達で人類は幸福になるのか

―――新たなものが導入されると、弊害を起こす可能性も出てきますね。

向井:それがこのドラマの論点にもなるのですが、AI技術が医療の世界に導入されて医師としての存在意義が変わるかもしれない中で、「患者の幸せのためには?」「一人の医療従事者としての幸せのためには?」と葛藤するのが、ここで登場する医師たちです。患者の立場からしても、医療事故が起こるリスクを考えた場合、AIの導入とどう向き合うのかということが、作品中でも問われています。

これまでのパンドラシリーズは、がんを完全にこの世から抹消する特効薬だったり、自殺防止治療法やクローン人間だったり…、想像はできるけど実生活に今すぐ関わるような話ではなかったと思うんです。でも、AI医療はすでに始まっていますし、どの程度かは分からないですが、ロケ現場になっている病院の先生も、うちでも導入していますとお話しされていました。そう考えると、今回のドラマはぐっと身近に感じられるドキュメンタリーのような作品だと思います。

―――役作りにあたってどのようなことをされましたか?

向井:医師の話ですが、AI診断システムの開発者でもあるという特殊な設定なので、特別医師にレクチャーを受けるということはしませんでした。それよりも、純粋に多くの人を救いたいがために信念を貫いてむやみに突き進んでいった結果、思わぬところで足をすくわれるという一人の人生を描いた作品なので、そんな境遇の人間をどう演じていこうかと考えました。

―――向井さん自身、明治大学農学部生命科学科で遺伝子工学を専攻され、研究されていましたが、分野は違えど、その経験から一つのテーマを突き詰めて研究を重ねるという面で、主人公と重なった部分があったのでは?

向井:僕は遺伝子工学や細胞をテーマに研究していたので、医療との共通言語はあるとしても考え方が全く違いますし、白衣の着方くらいしか、学生時代の経験とは共通点はありません(笑)。でも先ほどもお話しした通り、研究者や開発者の信念のようなものには共感します。僕も創薬とまではいきませんが、人間に役立つものが作れればと思いながら、ゼミや研究室に通っていたので。

次のページ
ストレスと距離を置くことがベストパフォーマンスにつ