NISAで5年満期の資産、もう一回非課税枠のお得度

今年末に初めてNISAが5年満期を迎える
今年末に初めてNISAが5年満期を迎える

2014年に始まった少額投資非課税制度(NISA)。株式や投資信託を対象に、本来2割課税される運用益が5年間非課税になる仕組みで、今年の年末には、最初の非課税期間が満期を迎える。14年にNISA口座で購入して現在も保有している資産は今後どうすればいいのか。判断の基準や手続きを探った。

全額移管が可能

売却せず運用を続ける場合の選択肢は2つだ。今年末までに何も手続きしなければ、資産は自動的に課税口座へと払い出される。19年以降、配当・分配金や売却益は2割課税となる。

もう一つは資産を19年分の非課税投資枠の中に移し替えること。「ロールオーバー」という(図A)。手続きすれば、移した資産について改めて5年間、運用益が非課税の扱いとなる。14年に買った資産なら時価がいくらに膨らんでいようが全額移管可能だ。

ただしロールオーバーを選んだほうが必ず有利かというとそうとは限らない。

課税口座なら損益通算

14年に価格100万円で買った株式がその後値上がりし、18年末に時価200万円になったという前提で考える(図B)。どちらの口座を選択しても200万円が新たな取得価格(損益計算の基準)になる。

まず株式が19年以降も値上がりして300万円で売ると仮定する。課税口座で売る場合、利益である100万円の2割、20万円が税金となる。一方、NISA口座に移しておけば税金はかからず結果的にロールオーバーの選択が有利だ。

反対に19年以降に値下がりして80万円で売ると仮定する。重要なのは、課税口座で出た損失(この例では120万円)は、別の課税口座で生じた利益との間で「損益通算」が可能なこと。損益を相殺することで税金を減らせる効果がある。通算後も損が残れば、翌年以降3年間繰り越せる。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし