マネー研究所

もうかる家計のつくり方

「老後資金がない」 50代夫婦が迫られた発想の転換 家計再生コンサルタント 横山光昭

2018/10/17

毎月の家計表を見ると、家計管理を変える前に比べ支出は3000円増えています。しかし、夫婦の小遣いと化していたボーナスから、年間で実に100万円以上ためられる見込みとなりました。毎月の家計収支でも年約44万円ためられそうです。夫婦は通帳の残高が増え、自信がついたようです。「老後生活に入るまでに、さらに無理なく節約できそうなところを見つけて生活費を縮小したい」と楽しそうに話しています。

■保険見直しだけに焦点を絞らないで

家計を改善するために、保険を見直したい……。そう話し、相談にくる人がいます。確かに家計の見直しは「固定費から」と言いますし、保険を見直せば貯蓄可能額が増えることは、あながち間違いではありません。しかし、保険だけに視点を当てるのは安易すぎます。家計に問題を感じ保険を見直したいという人の多くは、他に支出の問題を抱えています。そこから着手していくことが大切です。

「自分で家計改善に向けて頑張ってもうまくいかない」と感じたら、第三者に相談するのも一法。細かい費目の支出削減に工夫を凝らすのではなく、初心に戻り、家計全体を見て当たり前のことをやる。ベーシックでシンプルな家計管理に立ち戻ることが必要です。

(「もうかる家計のつくり方」は隔週水曜更新です)

横山光昭
(株)マイエフピー代表、mirai talk株式会社取締役共同代表。顧客が「現在も未来も豊かな生活を送ることができる」ことを一番の目標に、独自の家計再生・貯金プログラムを用いた個別の指導で、これまで1万件以上の赤字家計を再生。著書は累計100万部を超える『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズ、累計65万部の『はじめての人のための3000円投資生活』シリーズがあり、著作合計88冊、累計270万部となる。講演も多数。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL