パワハラ問題で考えた「スポーツのあり方」 有森裕子

日経Gooday

写真はイメージ=(c) Leonard Zhukovsky-123RF
写真はイメージ=(c) Leonard Zhukovsky-123RF
日経Gooday(グッデイ)

寒暖の差が激しい日が続き、体調を崩されたりしていないでしょうか。早くもインフルエンザを発症した人がいるという話もちらほら耳にします。いよいよ突入するランニング大会のシーズンに向け、万全の状態で挑めるように気をつけましょう。

さて、インドネシア・ジャカルタで開催されていた第18回アジア競技大会が9月2日に閉幕し、日本は中国に次ぎ、史上2位となる75個もの金メダルを獲得しました。日本を代表するアスリートたちが2020年の東京オリンピックへとつながる活躍を見せてくれた一方で、最近、スポーツ界が抱える問題を浮き彫りにするような、うれしくないニュースが立て続けに報道されています。

相次ぐスポーツ界の不祥事にため息が…

その発端となったのが、女子レスリング界におけるパワーハラスメント(パワハラ)問題です。オリンピック4連覇の偉業を達成した伊調馨選手に対し、日本レスリング協会の幹部(当時)がパワハラを行ったとする告発がなされ、同協会はパワハラの事実を認め、謝罪しました。

大学スポーツでも大事件が勃発しました。日本大学アメリカンフットボール部の監督(当時)とコーチ(当時)が、関西学院大学との定期戦で、自チームの選手に相手選手への危険なタックルを指示し、ケガをさせたとして刑事告訴されたのです。当該選手が命令に背けずに悪質なプレーを行った背景には、チームに蔓延するパワハラがあったと報じられています。

アマチュアボクシング界では、公式戦での不正判定や助成金の不正流用、日本ボクシング連盟会長(当時)の反社会的勢力との交際などが次々と発覚。会長のみならず、理事全員が辞任する事態になったのは記憶に新しいところです。

さらに、女子体操界では、コーチが選手への暴力行為で日本体操協会から処分された直後に、当事者である選手が協会幹部からのパワハラ被害を訴えるという思わぬ展開になっています。

それぞれの詳細は分からないので確かなことは言えませんが、次から次へと新たな問題が明るみに出るたびに、「またか」というため息しか出てきません。こうした不祥事が報道されるたびに、スポーツ全体の印象が悪くなっていることは確かでしょう。

2020年の東京オリンピックを間近に控え、本来なら選手たちはさらに競技に集中すべき時期です。ところが、こうした問題の渦中で練習どころではなくなってしまった選手も出てきています。暴力やパワハラ、コンプライアンスの欠如に対する世間の厳しい目がスポーツ界にも向けられるようになったことで、内部からの告発が相次ぎ、長年、関係者らが見て見ぬ振りをしてきた悪しき慣習や体質が次々と露呈してきているように見えます。

失われていく「正しいスポーツのあり方」

一連の報道を見ていると、競技団体の幹部やチームの指導者が権力を持ちすぎて独裁的になったときほど、本来の「正しいスポーツのあり方」が忘れられ、「間違ったスポーツに対する考え方」が蔓延していくように感じます。

では、「正しいスポーツのあり方」とはどんなことなのでしょうか?

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント