トラベル

クローズアップ

深まる秋を体感 黄金に染まるススキの絶景10選

NIKKEIプラス1

2018/10/14

秋風に銀穂が波打つ。夕日を浴びて黄金色に輝く。ススキは万葉の時代から人の心を和ませてきた。深まる秋を感じる枯れ尾花の名所を専門家12人が選んだ。

■発電や紙資源に 欧州で有効活用

「萩(はぎ)の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花」。山上憶良が万葉集で詠み、秋の七草の一つに数えられているススキ(尾花がススキのこと)。東アジアで広くみられ、北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの山田敏彦教授によると「日本ではハチジョウススキ、トキワススキなど10種類近くある」。

ススキはチガヤやヨシなどとともに、かやぶき屋根に使われ、日本各地で生産されていた。夏は涼しく、冬は暖かいからだ。しかし瓦屋根が取って代わると、人が野焼きなどの手を加えなくなり、ススキ野原は徐々に森林へと姿を変えている。「かつて国土の10%ほどあったのが今は3%ぐらい」(山田教授)

かつて観賞用に輸出されたススキは近年、欧州でバイオマスとして注目されている。石炭などに混ぜて火力発電の燃料にしたり、非木質系の紙資源として脱プラスチックの材料にも使われたり。日本でも山田教授らが有効利用を目指して試験栽培を実施し、燃料用ペレット化などの道を探っている。

1位 阿蘇外輪山(熊本県阿蘇市) 720ポイント
大草原と雄大な景色

世界有数の巨大カルデラ(火山活動によって生まれた凹地)を持つ阿蘇には、2万ヘクタール以上の広大な草原が広がっている。「秋になると、その大草原の多くがススキ野原に変わるのは圧巻の一言」と楠見邦博さん。

ミルクロードをドライブして高所まで行くとススキ野原が延々と続く。大観峰などのビューポイントに駐車すれば、ススキ越しにカルデラ壁や阿蘇五岳の雄大な景色が望める。「広大なススキ野原で行われる早春の野焼きは、どのような火の回り方をするのだろう、と想像しながら眺めるのも楽しい」と山田隆彦さん。かぶと岩展望所の向かいにはすすきの迷路がある。尾根づたいに整備された全長約30キロの南阿蘇外輪山自然歩道を歩いてみるのもよい。

早朝、条件が良ければ雲海が広がる景色に出合うことも。「ススキとの幻想的な競演は思わず息をのむ美しさ」(井上嘉代子さん)

(1)11月上旬まで(2)熊本空港から車で約1時間(3)阿蘇市観光課(電話0967・22・3174)

2位 山中湖パノラマ台(山梨県山中湖村) 680ポイント
富士山も見える絶景スポット

パノラマ台は山中湖から三国峠へ至る県道の途中にある絶好のビューポイント。秋になるとススキ野原が広がる。「眼下に山中湖、その向こうに富士山。ススキ越しに望めば秋を満喫できる。天候や時間で変化する空のグラデーションも楽しめる」と内海聡さん。「富士山は午後になると雲がかかることが多いので朝の早い時間が良いかもしれない。しかし、ススキ野原の向こうの富士山の裾野に夕日が沈む景色も捨てがたい」(竹本りかさん)

パノラマ台は駐車場が約10台分しかないため、山中湖交流プラザきらら前から約40分のトレッキングで汗を流すのも楽しい。「さらに40分ほど歩いて明神山まで登れば、ススキ野原を山頂から見下ろせる」(早川宗志さん)

(1)10月下旬まで(2)東富士五湖道路・山中湖ICから車で約30分(3)山中湖観光協会(電話0555・62・3100)

3位 曽爾(そに)高原(奈良県曽爾村) 560ポイント
昼・夕・夜…多彩な表情

関西屈指のススキの名所。約40ヘクタールの広大な草原が、秋になるとススキに覆われる。「ススキの密度が高く、『美しい村』を象徴する風景」(山田敏彦さん)。「標高差のある山肌に広がるススキ野原は下から見ても、上から見ても見応えがある」と早川さん。

1日に3回表情を変えるのも見どころだ。昼は太陽の光を浴びて銀色に輝き、夕方は夕日が反射して黄金色に。夜は灯籠の明かりに照らされ、幻想的な姿に浮かび上がる。「傑作写真を撮りに訪れてみたい。1日に何度でも楽しめそう」と竹本さん。

高原の中央には「お亀伝説」が残る池もある。ただ「理由は分からないが、近年、ススキの生育がやや良くない」(曽爾村企画課)のは気になるところだ。

(1)11月中旬まで(2)名阪国道・針ICから車で約45分(3)曽爾村企画課(電話0745・94・2106)

4位 車山高原(長野県茅野市) 530ポイント
キラキラなびく大群落

車山高原から霧ケ峰一帯にかけてススキの大群落が広がる。「白樺湖から吹き上げる風に花穂がキラキラなびく姿は、大海原に波が押し寄せるよう」と井上さんは評する。

「ススキ越しに八ケ岳やアルプスの山々を遠望する素晴らしい眺望も魅力」(内海さん)で、「ビーナスラインを車で走って道脇のススキを眺めたり、展望リフトに乗って上から眺めたりと色々な楽しみ方ができる」(山田阿友美さん)。

(1)10月下旬まで(2)JR茅野駅からバス約1時間(3)ちの観光まちづくり推進機構(電話0266・73・8550)

5位 仙石原(神奈川県箱根町) 510ポイント
一面に広がる白銀の花穂

首都圏から手軽に行ける関東屈指のススキの名所。高台まで折り返しながら上っていく一本道の遊歩道が整備されて、一面に広がる白銀の花穂が楽しめる。

「他の地域より密生しているようでボリュームがすごい。圧巻」と山田隆彦さん。「起伏があるので低いところから見上げたり、小高い丘から見下ろしたりと様々な構図の撮影が楽しめる」(竹本さん)。ただ、シーズン中は観光客が多く、「三脚の置き場所などに気を使う」との声もあった。

(1)11月上旬まで(2)箱根登山鉄道・箱根湯本駅からバス約40分(3)箱根町総合観光案内所(電話0460・85・5700)

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL