『億男』 大友監督流「活劇」でベストセラー映画化

日経エンタテインメント!

累計興行収入125億円超の大ヒットを記録した『るろうに剣心』シリーズ(2012年~)で日本映画の新たなアクションエンタテインメントを切り開き、その後も『ミュージアム』(16年)、『3月のライオン』(17年)など話題作を放ってきた大友啓史監督。最新作の『億男』(10月19日公開/東宝配給)は、突然大金を手にした男の物語。主演・佐藤健、共演に高橋一生で“お金”を題材にした新たなエンタテインメントに挑んだ大友監督に、作品への思いを聞いた。

兄の借金3000万円を肩代わりしたことから、借金返済に追われ、妻子と別居中の一男(佐藤健)。幸運にも3億円の宝くじに当たるが、親友で億万長者、九十九(高橋一生)にその金を持ち逃げされ、理由もわからぬまま彼の行方を捜す。原作は川村元気の同名小説(10月19日公開/東宝配給) (C)2018映画「億男」製作委員会

兄の3000万円の借金を肩代わりした図書館司書の一男(佐藤健)は、返済に追われ昼夜問わず働き、妻(黒木華)と幼い娘とも別居中。そんなある日、宝くじで3億円が当たり、家族と人生をやり直そうとした矢先、起業し億万長者となった親友の九十九(高橋一生)にその金を持ち逃げされてしまう。

原作は、『君の名は。』などの映画プロデューサーとして知られる川村元気氏の同名小説。15年に「本屋大賞」にノミネートされ、中国でも映画化が決まっているベストセラーだ。しかし、「映画化は困難を極めた」と言う。

「マネーゲームを題材にした『ハゲタカ』(09年)でお金のことをとことん突き詰めた経験から、僕は、お金はとても生々しくて、艶っぽいものだという感覚を持っています。実は男女関係よりもよっぽど面白いドラマがその向こうに広がっている。その生々しさこそが、人間の本性に深く切り込んでいくための大きな武器になると。一方でこの原作は、突然天から降ってきた僥倖(ぎょうこう)のような大金を手にした30代半ばの男が、それをきっかけにお金とどう向き合っていくかを考えていくという、ある種ノウハウ本というか、マネー哲学本のような印象を持ちました。加えて、ファンタジー要素が強いかなと。お金について前述したようなイメージを持っている僕にとって、一読した限りではなかなか具体的な映像イメージが浮かばず、ああ苦戦するなと直感的に思いましたね。自分がこの素材を実写化していくためには、自分なりのスタンスでかなりディテールを埋めていかなくてはいけないと。そのうえで、お金が持つ生々しさとか艶っぽさを散りばめていきたいな、と。

大友啓史(左)1966年生まれ。岩手県出身。NHKで『ハゲタカ』『龍馬伝』などを演出。退局後、映画『ハゲタカ』『るろうに剣心』シリーズ、『3月のライオン』などを手掛ける。

今の時代、若者たちはお金を稼ぐこと、お金があることに必ずしも絶対的な価値を見出さなくなっているように思います。やっぱりそれは、豊かさ、なんでしょうね。仮想通貨、ビットコインはそんな考えを反映している。お金に対する向き合い方が大きく変わってきている。そういった背景を根底において、佐藤健君や高橋一生君といった今という時代の空気を吸っている役者たちと並走しながら作っていけばいいかな、と思ったんです」

映画は原作とは異なり、早々に3億円を九十九に持ち逃げされ、「親友なのになぜ、どうして?」と思う主人公ともども観客もこの状況に引っ張り込んでいく。「映画の『ハングオーバー!』(09年)方式で、一男が九十九を追っかけるなかで、幸せとは、家族とは、友情とはと考え、長く離れていた親友を発見する物語になればいいと思った」と大友監督。お金をめぐるリアルな描写は、『ドラゴンクエスト』シリーズの開発などで知られる、渡部辰城氏が脚本づくりに参加したことでクリアできた。

九十九の家で開かれたパーティーで一男が出会うあきら(池田エライザ)(C)2018映画「億男」製作委員会

「渡部さんはDeNAの幹部を務めたこともあるなど、九十九たちがいた世界に近い人。若くして成功した人たちの狂騒ぶりを実際に知っていたこともあり、キャラクターたちが本当に生きたものになりました。特に、原作にはないパーティー好きな女子・あきら(池田エライザ)のセリフが面白くてリアルに。(スマホの登録で)金持ちを“億男”、そうでない人を“雑魚”と分類するあたりで、タイトルの『億男』にうまくつながったと思います」

エンタメ!連載記事一覧