マネー研究所

人生を変えるマネーハック

共働き夫婦の強みは稼ぐ力 転職も2人でチャレンジ 共働きをマネーハック(7)

2018/10/15

写真はイメージ=123RF

今月のマネーハックのテーマは「共働き」です。前々回、前回は共働きの家計管理と貯蓄のノウハウについて説明しました。今回は共働き最大の強みである「稼ぐ力」を考えます。

共働き世帯は2人分の稼ぎを合計することで高年収を実現できます。1人の年収だけで1000万円を突破するのはかなり大変なことですが、夫婦合計であれば決して不可能ではありません。世帯年収1000万円に達する最短ルートは正社員夫婦の共働きなのです。

それだけでも大きな強みですが、さらにおのおののキャリアの組み合わせを意識すると、一段と強みを増すことができます。夫婦が転職やキャリア形成で年収アップを目指す際にも大きなメリットとなるでしょう。

■共働きなら不意の失職や収入減に対応できる

かつての「会社員夫+専業主婦妻」のようなモデルは男性に家庭の収入の100%を依存していました。実はこれ、今の時代にはとてもリスキーなことです。

会社の倒産による不意の失職や業績悪化による給与減やボーナス減の際、1人で家計を支えているとそのまま影響が出ます。しかし、共働きならどちらかが平気ならショックを半分に抑えることができます。

例えば、「違う会社に勤める共働き」は「同じ会社に勤める共働き」よりリスクが小さくなります。職場結婚したらどちらかが退職しなければならないという古い慣行は根強くありますが、現代においては積極的に転職した方が合理的ではないでしょうか。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL