多様な家庭問題や人間模様 「渡鬼」が映した90年代家族ドラマに歴史あり!(5)

全10シリーズが作られる大河ホームドラマとなった「渡鬼」。多彩な人間模様が描かれた(C)TBS
全10シリーズが作られる大河ホームドラマとなった「渡鬼」。多彩な人間模様が描かれた(C)TBS

ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS)が盛り上がって終わり、ぎぼむすロスなる症状に見舞われている人も少なくないと聞く。なぜ、こんなにもお茶の間を引きつけたのか。

ドラマは時代の鏡といわれる。同ドラマが支持されたのは、シンプルにいえば、描かれた家族の姿が、今の時代と共鳴したからである。それは家族ドラマの歴史をひもとくと、より鮮明になる。

1980年代後半のバブル時代、連続ドラマはトレンディードラマの波に席巻された。主要視聴者は20代の若者となり、はやりのファッションやトレンディーなスポット、カタカナ職業がテレビの中に氾濫した。もはや、熟年俳優や子役たちが活躍する家族ドラマに出る幕がないように思われた。

ところが1990年10月にTBSの開局40周年を記念したドラマが始まる。橋田寿賀子脚本の「渡る世間は鬼ばかり」である。

ご存じ、2011年まで全10シリーズが作られる大河ホームドラマ。岡倉大吉・節子夫妻と、その5人の娘たちの家族が織りなす人情劇だ。シリーズ初期は山岡久乃演ずる節子を中心に、5人の娘たちの家庭問題が描かれ、中盤以降は藤岡琢也演ずる大吉と、主に次女・五月(泉ピン子)一家の「幸楽」の人間模様が展開された。

シリーズは軒並み高視聴率を獲得、20年以上にわたる橋田のライフワークとなる。その一方で、シリーズを重ねるたびに橋田ファミリーが増え続け、長ぜりふは当たり前のものとなり、一つのシリーズは毎回4クールにも及び、気が付けば家族ドラマ=橋田ドラマの図式が世間に浸透していった。

(C)TBS

90年代は家族ドラマにとって、ある意味、悩める時代だった。トレンディードラマを経て、「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)を機に爆発的に広がった空前の純愛ドラマブームで、熟年俳優たちの出演機会が減少する一方、「渡る世間は鬼ばかり」のロングヒットで、それ以外の家族ドラマが生まれにくい状況になっていた。

そんな中、奇策とも言うべきドラマが登場する。時に1992年7月、「ずっとあなたが好きだった」(TBS系)である。

お見合い結婚した美和(賀来千香子)と冬彦(佐野史郎)に、夫の母親(野際陽子)が絡む新手の家族ドラマ。冬彦は極度のマザコンであり、佐野史郎の怪演がお茶の間の話題となった。当初は脇キャラの一人にすぎなかった冬彦が社会現象化するにつれ脚本が書き直され、タイトルの意味も、美和から昔の恋人・洋介(布施博)への思いから、冬彦から美和への思いも加えられた。とはいえ、やはり家族ドラマの奇策にすぎず、平成の迷える時代を投影したものだった。

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧