2019買うべき手帳 新作と定番を機能で厳選したら…最強の手帳カタログ2019(下)

日経トレンディ

業種や職種、役職などによりお薦めの手帳は異なる(写真はイメージ=PIXTA)
業種や職種、役職などによりお薦めの手帳は異なる(写真はイメージ=PIXTA)
日経トレンディ

「外回りが多い営業は、1日の予定を細かく管理しやすい週間バーチカル型」「長期プロジェクトを複数手がけるエンジニアはガントチャート式」など、業種や職種、役職などによりお薦めの手帳は異なる。そこで今回は、19年イチ推しの新作と、名品と称えられてきた定番を、手帳に求める機能別にピックアップ。本当に使える逸品を探した。

「月間と週間の予定をひと目で確認したい」。そんな声に応えるべく誕生した期待の新星が、「ジョーゲバーチカル手帳」(ユナイテッドビーズ)だ。2冊の横長リング式手帳が上下に並ぶ作りで、上が月間ブロック、下が週間バーチカル。上で1カ月の流れを確認しながら、下で週と日の細かな予定を管理できる。手帳の後方にはTo Doページを設け、下のバーチカルはそのままに、上にTo Doページを開いてタスクを書き込むといった使い方もできる。

「ジョーゲバーチカル手帳」(ユナイテッドビーズ、ロフト限定品) 実勢価格1800円(税別)A5スリムサイズ。上半分が月間ブロック、下半分が週間バーチカルの「上下分割」手帳。1カ月の流れを把握しながら1日の予定を立てやすい

このカテゴリーの名品といえば「モーメントプランナー」(グリーティングライフ)だろう。年間カレンダー、月間ブロック、週間バーチカルを同時に見ることができるアイデア手帳だ。月間ブロックの裏にはTo Doリストがあり、週間の予定を見ながらタスクの管理も可能。手帳の冒頭にあるページでは年間カレンダーと年間プランも同時に見られ、海外旅行や長期出張の予定を立てたりするときにも役立ちそうだ。1年の流れを意識しながら、月、週、日の予定を管理したい人に向く。

「モーメントプランナー A5バーチカル」(グリーティングライフ)実勢価格2200円(税別)A5サイズ。月間ブロック、週間バーチカルに加えて、年間カレンダーも横に並べて一覧できる「1冊3役」のダイアリー。バーチカルは30分ごとに目盛りが付いている

手帳を使って、予定に関連するタスク管理を徹底したいとのニーズも根強い。思い付いたときにすぐ書き込めるうえ、完了したものも記録にとどめられるとあって、タスク管理に関してはデジタルよりも紙の手帳が優位だろう。

この分野では、数年来人気の名品が強さを見せつける。まずは、「G.B.Planner」(アートプリントジャパン)。月間ブロックの右側に折りたたまれた状態でTo Doとメモのページがあり、月間の予定を見ながらタスクを書き出せる。そして、このページを右向きに開くと登場するのがガントチャート。月間ブロックの予定を参照しながら、ガントに「いつ、何をすべきか」を落とし込めるのは魅力だ。ガントは1つのプロジェクトが上下2段に区切られているため、例えば上には工期などの範囲を記し、下には工程を書き込むといった使い方ができる。

「G.B.Planner」(アートプリントジャパン)実勢価格1300円(税別)A5サイズ。左に月間ブロック、右に折りたたみ式のTo Doリスト兼方眼メモを配した手帳。To Doページを右向きに開くと、プロジェクトの進捗管理に最適なガントチャートが登場する
左の月間ブロックの予定を見ながら右にタスクを書き込める。月間ブロックは1ブロックが横ケイ線で4つに区切られており、午前と午後、仕事と私用など内容別に分けて書きやすい

MONO TRENDY連載記事一覧