MONO TRENDY

小沢コージのちょっといいクルマ

ホンダN-VAN ヒット生むビジネス常識を疑う力

2018/10/18

古舘 そうなんです。確かにコンパネの平置きはできませんが、助手席を畳んで立てかければ何枚か積めますから。

コンパネは平置きできないが、助手席を畳んで立てかければ何枚か積める。荷室サイズも、「N-VANは助手席を完璧に床下収納できるので他と遜色ない」という

小沢 そのほかよく言われるFF商用車の欠点としては、トラクションですよね。後ろに重い荷物を積んだ場合、後輪駆動車なら重くなった分、後輪もよりグリップして前に進めるけど、FFはフロントが軽くなって駆動前輪が空回りして進めないという。

古舘 そこも案外FFのままクリアできるんです。FFで一番厳しいのは、リアのオーバーハング(後輪が接地している部分からさらに後ろ側にはみ出した部分)に重い荷物を積んだときじゃないですか。荷重のほとんどがリアタイヤに掛かるので。でもN-VANはリアタイヤがボディー後端ギリギリにあるので、リアオーバーハングがほとんどない。すると荷物の大半は前輪と後輪の間に積めるのでFFでも意外といけてしまう。それを開発初期にかなり試してるんです。

■いかに丁寧に常識を突き崩すか?

小沢 つまりFF商用車のネガティブな要素はほとんどないと。それより乗用車であるN-BOXベースで造ることで、FFならではの安定した走りは得られるし、開発コストも抑えられると。

古舘 そうなんです。パワートレインにもN-BOXで開発した最新技術が投入できて燃費面は圧倒的に有利ですし、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も投入できますから。

小沢 いいことずくめじゃないですか。他に問題は?

古舘 コンパネ問題が一番大きかったので……。後は荷室サイズですが、N-VANは荷室が短い分、助手席を完璧に床下収納できるので他と遜色ない。他社さんを含め、軽バンは段ボールやミカン箱やビールケースをいくつ収納できるかで、ユーザーにアピールするんですが、その点、(前モデルの)ホンダ「アクティ」は他より少なめでした。そこでN-VANは段ボールが71箱、ビールケースが40個しっかり積めるようにしたんです。

小沢 絶対容量は遜色ないと。それどころかFFにした分、床の高さを低くできて荷物の出し入れはラクになりますよね。

古舘 フロア高はアクティより14センチ低くなっているので有利です。さらにホンダの軽として初の助手席にピラーレス(柱がない)構造を使っているんで横からの出し入れがすごくラクになってます。

小沢 とはいえライバルは長らくこの業界に君臨しているスズキでありダイハツです。どこに一番勝機を見いだしたんですか。

古舘 パッケージ的にいうと勝っているのは低さであり、長尺物の収納性であり、ピラーレスで横の間口が広い部分です。だけど荷室が短いという事実もあり、お客様は悩まれると思います。

小沢 N-BOXのように広さ、走り、質感のすべてで勝っているわけではないと。

古舘 ですから訴求には気を使っています。最初は「コンパネ積めないだろう?」と言われ「はい、積めません」というまでに時間がかかりました。でも今は自信を持って、その代わりに収納性であり、燃費であり、安全性の高さが優れていると言いきれます。

小沢 つまりホンダ流のまったく別の軽商用バンだと、丁寧に説明しているわけか。差ではなく、個性を打ち出すことで乗り切ってるんですね。

古舘 はい、その通りです。

古舘茂(ふるだて・しげる) 本田技術研究所主任研究員。1991年に本田技研工業に入社。同年、本田技術研究所に配属。7代目「アコード」や3代目「オデッセイ」の車体排気設計に従事後、初代「N-BOX」の商品開発責任者代行。2015年から現職。岩手県出身
小沢コージ
自動車からスクーターから時計まで斬るバラエティー自動車ジャーナリスト。連載は日経トレンディネット「ビューティフルカー」のほか、「ベストカー」「時計Begin」「MonoMax」「夕刊フジ」「週刊プレイボーイ」などに寄稿。著書に「クルマ界のすごい12人」(新潮新書)「車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本」(宝島社)など。愛車はロールスロイス・コーニッシュクーペ、シティ・カブリオレなど。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
個店開拓の領域 QR決済事業者は3陣営に収れん?
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
コンビニを侵食 ドラッグストアは「小売りの王者」
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL