MONO TRENDY

Bizギア・フラッシュ

2019最強手帳は? 携帯性とノート機能が一段と充実 最強の手帳カタログ2019(上)

日経トレンディ

2018/10/27

アナログ手帳を愛用する人はまだ多い(写真はイメージ=PIXTA)
日経トレンディ

スマホ全盛、デジタル全盛時代といわれる。だがその実、アナログ手帳の需要は衰えていない。仕事がデキる人ほど手帳を賢く使い、仕事の抜け・漏れや時間のロスを一気に減らしている。買うべき「最強の手帳」を紹介する。

下編の「2019買うべき手帳 新作と定番を機能で厳選したら…」はこちらへ

■「俯瞰性」マンスリーでプロジェクト管理

スケジュール管理は社内の共有スケジューラーで十分。そう考える人が増え、紙の手帳離れが進んでいるといわれる。だが実際には、「紙の手帳の需要はここ数年ほぼ変わっていない」と、ロフト商品部文具雑貨部バイヤーの武田至臣氏は指摘する。背景には、「アナログのほうが長期計画を立てやすい」「タスク管理がしやすい」といった根強い声がある。

では、19年の手帳のトレンドは何か。キーワードは、「俯瞰性」「携帯性」「ノート機能の充実」の3つだ。予定を瞬時に把握でき、持ち運びに便利。しかも手帳とノートを一元化できるという、多忙な現代人の時間と負担を極力省いた「省力化手帳」が脚光を浴びる。

俯瞰性が高い手帳のなかで注目なのが、「2019 スタットダイアリー」(レイメイ藤井)。見た目は一般的なマンスリー手帳だが、外側のハードカバーを三角形に折りたためば、手帳が自立式の卓上カレンダーに早変わりする。オフィスの机の上に立てて置けば、瞬時に予定を確認できて便利だ。月間ブロックの1日分の升目は上下に分割されているため、午前と午後、仕事とプライベートなど予定を書き分けやすい。右下に前月と翌月のカレンダーも記載されており、3カ月単位で予定の確認もできる。

「2019 スタットダイアリー」(レイメイ藤井)実勢価格2600円(税別)B6サイズ。スタンド機能を備えた月間ブロックタイプ。表側のハードカバーを三角形に折ると、その部分がスタンド代わりになる仕組みだ
表紙を三つ折りにし、手帳を立てた状態。安定感があり、角度的にも見やすい

■携帯しやすく開閉もラクな超薄&スマホサイズ

携帯性に優れた手帳では、「ダイアリーノートwithペン」(LIHIT LAB.)に注目。小型のうえ背幅が8mmと薄いため、上着の胸ポケットに違和感なく入った。リング式なので、過去のスケジュールは外して別ファイルに保管するなど自在にページの入れ替えができる点も魅力の一つ。簡易ボールペンが付属するのもうれしい。

「ダイアリーノートwithペン」(LIHIT LAB.)実勢価格1100円(税別)。月間(見開き1カ月)、横ケイノート。胸ポケットにも収めやすい、厚さ8mmの超薄型
裏表紙の上部に収まる、長さ約9cmの簡易ボールペンが付属する。名刺が入る透明ポケットもある

日頃使っているノートに挟んで持ち歩けるのが、「ミニマルダイアリー」(ミドリ)。月間ブロックタイプと、プロジェクト管理がしやすい「縦向きガントチャート」の2種類があり、いずれも厚さ3mmと超薄だ。

「ミニマルダイアリー〈B6〉 プロジェクト」(ミドリ)実勢価格各583円(税込み)。B6サイズ。「縦向きガントチャート」のみの超シンプルな手帳。36ページ、厚さ3mmで携帯性に優れる。最大7つの案件の進捗を一元管理できて便利だ
厚さ3mmと超薄で、ノートに挟んでも違和感なく持ち運べる

■ノートがメイン+手帳がサブの「2 in 1」

ノートと手帳を2冊持ち歩くのは面倒。そんな人には、開閉式のリングが付いた「ノートのように使えるダイアリー2019」(LIHIT LAB.)が使いやすい。月間ブロックリーフに加えてノート1冊分の方眼リーフを備える他、To Doページやガントチャート、インデックスシートなども用意。至れり尽くせりの体裁で情報管理をサポートする。

「ノートのように使えるダイアリー2019」(LIHIT LAB.)実勢価格1180円(税別)。B6サイズ。方眼ケイ入りページがノート約1冊分(28ページ)入ったマンスリー手帳。開閉式リングが付いており、ページの増減なども自在だ
方眼ケイ入りのガントチャート付きで、複数プロジェクトの予定も管理しやすい

変わり種は、マークスがロフト限定で販売する「TASU+TECHO」。取り外し可能な月間ブロックページとノートのセットで、ノートのリング部分に月間ページ側面のツメを引っ掛けて挟む仕組みだ。1カ月分のメモが終われば、次ページとの間に月間ページを差し込む。こうすることで月間ページがインデックスの役割を果たし、月ごとの記録を管理しやすくなる。手帳とノートを賢く合体させた、アイデアが光る一品だ。

「TASU+TECHO」(マークス、ロフト限定品)実勢価格1944円(税込み)。A5サイズ。ノートの好きな位置に、月間の予定一覧を差し込めるアイデア手帳。1カ月分のメモが終わった次のページに差し込めば、月単位で情報を管理しやすい
ノートのリング部分に、月間ブロックのリーフ側面に付いたツメを引っ掛けられて落ちにくい

<※実勢価格は雑誌掲載時のもの。>

(文 宮岸洋明、写真:古立康三)

[日経トレンディ2018年11月号の記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL