日経DUAL

同校の授業や学習活動は、「アサインメント」(課題)を中心に進めていきます。各教科や校内行事などの学習活動のすべてにおいて、学びの目的・目標・テーマを生徒自らが設定し、取り組むことで、主体的な学びを導いていきます。

アサインメントを実行する場所と時間が「ラボラトリー」です。生徒は自ら立てた学習計画に沿って、個人または少人数のグループで、学びたいことを究めていきます。授業内容を補うために使ったり、自分が興味を持ったことについて理解を深めたりと、この場所と時間を自由に使うことができます。

こうした環境に身を置くことで、従来の受け身型の学習から、「どうしてそうなるのか?」「どうしたらもっとよくなるのか?」といった疑問や考えを持った、主体的な学びができる人を育てていきます。

なぜ「ドルトンプラン」に注目したのか?

 実はドルトンプランの学びは、河合塾が運営する幼稚園で既に40年前から取り入れており、東京と名古屋にドルトンスクールを展開しています。

ドルトンプランに注目したことについて、河合塾理事長でドルトン東京学園理事長でもある河合弘登さんはこう話します。

河合塾理事長でドルトン東京学園理事長でもある河合弘登さん

「予備校として知られる河合塾ですが、私たちが追求しているのは時代に合った教育です。AI(人工知能)革命やグローバル化が進む今、世の中が大きく変わろうとしています。これからの時代を生きる子どもたちは、私たち大人がこれまで経験したことのない状況の中で生きていくことになります」

「これまでの時代は、知識があればなんとかなりました。しかし、この先の不透明な時代には、これまでの知識だけでは乗り越えられず、そのときの状況に応じて考える力が不可欠です。その力を引き出し伸ばすには、子ども一人ひとりと向き合う教育が望ましいのです。また同時に、多様性を理解し、協働する人材を育成することも大切です」

「今までの常識が、常識でなくなる時代。教育においても疑いを持つことは必要です。『今、本当に必要な教育は何か?』ということを追求したとき、『自由』と『協働』を核とするドルトンプランは、これからの時代を生きる人を育てる教育に適していると考えました」

教育メソッドの実践には教員スキルが要に

同校理事であり広報担当の高野淳一さん

 しかし、この教育メソッドを行うには、教員のスキルが要となります。今回、これまでにない新しい学校が開校されるに当たって、教員の間でも注目が集まりました。

採用を担っている同校理事であり広報担当の高野淳一さんはこう話します。

「採用に関しては、ドルトンプランに共感する全国の公立・私立の教師たちから多くの応募がありました。これまでの一斉授業ではできなかったことをここで実現したいとみんなとても意欲的です。中にはユニークな研究をされてきた人もいます」