マネー研究所

眠れぬ人の法律クリニック

ダリの遺体も掘り出された 婚外子の死後認知とは 弁護士 志賀剛一

2018/10/11

写真はイメージ=PIXTA
Case:42 私はいわゆる婚外子として生まれました。父は、母と私にはずっと「そのうち認知をする」と言っていたようですが、先日急逝してしまいました。財産が欲しいわけではありませんが、父の子であることをきちんと認めていただきたいと思っています。認知は父の死後も可能と聞きましたが、どのような手続きになるのでしょうか。

■嫡出子と非嫡出子の法定相続分は同じ

法律上の婚姻関係、つまり婚姻届を提出した男女の間に生まれた子を「嫡出子」といい、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子どものことを「非嫡出子」といいます。

非嫡出子のうち、父が認知届を提出した場合に限り、父と子の間には法律上の父子関係が認められます。認知とは、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子を、実の子と認める手続きをいいます。母子関係は分娩の事実によって当然、発生しますので、女性の場合は認知は基本的に問題になりません。

認知が行われるのは、妻がいる男性が妻以外の女性との間に子をもうけた場合ばかりではありません。例えば、入籍をしていないが同居して夫婦として生活している事実婚の場合では、父が子を認知して初めてその子の法律上の父になります。

認知がなされると父子関係が認められ、父には子に対して扶養義務が生じ、子には父の財産を相続する権利が発生します。なお、以前は非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1でしたが、最高裁が法の下の平等に反するとして違憲判断を示したため、2013年12月に民法が改正され、非嫡出と嫡出子の法定相続分は同じになりました。

■被告は検察官

父親が任意に認知をしてくれない場合、民法は認知されていない子自身や未成年の婚外子の母親が認知の訴えを提起することができると定められています。この訴えは死亡後も父の死後3年以内なら可能です。これを「死後認知」といいます。

婚外子の父が生きていれば、その父を相手に訴えを提起しますが、死後認知の請求は、公益の代表者である検察官を相手方として訴えを提起します。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL