今のスマホに格安SIM入れて家計節約 手順と注意は?格安SIM最前線

特に、国内メーカー製のスマホは、取り扱う大手携帯キャリアのネットワークに最適化されていることが多い。そのため、SIMロックを解除したとしても、異なる大手携帯キャリアのネットワークを使うMVNOに乗り換えてしまうと、常に圏外だったり、つながっても電波が非常に弱かったりして、満足に利用できなくなってしまうのだ。

こうしたトラブルに遭わないように、MVNOでは、自社の格安SIMで使えることを確認したスマホの機種リストを動作確認済み端末として公開している。このリストでは各端末の利用可否だけでなく、セットできるSIMカードのサイズや種類、その他の注意点などといった情報も記載されている。

MVNOを選ぶ場合は、自分のスマホが含まれているかどうか、リストを必ずチェックしておこう。

国内メーカー製のスマホは、取り扱う大手携帯キャリアのネットワークに最適化されていることが多いため、異なる大手携帯キャリアのネットワークを使うMVNOに乗り換えてしまうと満足に利用できないこともある
MVNOが公開している動作確認済み端末の例(mineoのウェブサイトより)

MVNO特有のデメリットも理解して

MNP制度を利用して乗り換える場合に限られているわけではないが、MVNOには大手携帯キャリアに対していくつかのデメリットがある。

代表例は、キャリアメール(ケータイメール)の有無だ。大手携帯キャリアが発行する「◯◯◯@docomo.ne.jp」「◯◯◯@ezweb.ne.jp」「◯◯◯@softbank.ne.jp」といったメールアドレスは、各社独自のサービスであり、MVNOに乗り換えると使えなくなってしまう。

そのほかMVNOに乗り換えについての注意点は記事「消費者相談から判明 格安スマホを選んではいけない人」で詳しく説明している。事前にチェックしておいてほしい。

(ライター 松村武宏、イラスト 三井俊之)

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧