1000円超えも失敗なし コンビニで買う安うまワイン

コンビニワインのお薦めを紹介する(写真はイメージ=PIXTA)
コンビニワインのお薦めを紹介する(写真はイメージ=PIXTA)

「安かろう悪かろう」のイメージが強かったコンビニエンスストアのワイン売り場。ワイン人気とともに各社ともに品ぞろえを拡充し、安価なワインだけでなく、産地や品種にフォーカスした1000円以上の価格帯のワインも手軽に手に入るようになった。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンが扱っているワインから1000円以下と1000円台のお薦めを紹介する[注]。なお、前回「コンビニワイン買いの9本 レベルに驚嘆、価格に感嘆」でお薦めしたワインは今も人気だが、今回は取り上げなかったので合わせて参考にしてほしい。

[注]2018年10月中旬時点での取り扱い製品と価格で掲載している。

「世界のワイン巡り」で6カ国のプレミアムワイン

まずはプライベート・ブランドに強いセブンイレブン。ワインの売り上げは好調で、特に売れ筋は500~600円の価格帯だ。前回紹介した看板商品の「ヨセミテロード」のほか、人気のチリワイン「アンデスキーパー」もコスパが高い。500mlと飲みきりサイズがあるのも嬉しく、ちょっとワインを飲みたいシーンに最適。フレッシュなシトラスグレープフルーツやパッションフルーツ、ややハーブっぽさもあり、香りは華やか。かんきつ系の酸味がしっかりしているので、「かにマヨサラダ」など油を使った料理によく合う。

セブンプレミアム アンデスキーパー ソーヴィニヨン・ブラン
▼セブンプレミアム アンデスキーパー ソーヴィニヨン・ブラン(750/500ml) 
408/298円(税込み)

1000円以上の価格帯で注目なのが、2017年12月に発売開始した「ワールドプレミアム」シリーズだ。サントリーワインインターナショナルとの共同開発で、「世界のワイン巡り」をコンセプトに、6カ国のワイン(フランス、イタリア、ドイツ、オーストラリア、チリ、日本)が飲み比べできる。ひと目見て原産国がわかるようにラベルには国旗の絵柄を配置してある。

筆者が試したのは2種類。山梨県「サントリー登美の丘ワイナリー」で醸造した甲州種の白ワインは、青リンゴや梨、かんきつ系の香りと味わいが特徴の爽やかで飲みやすい辛口。あと味に残る塩味とかすかな苦味が食事を引き立ててくれる。繊細さがあるので、あっさりした野菜サラダや魚介類と合わせたら良さそうだ。

イタリア代表のキャンティは、「カンティーネ レオナルド・ ダ・ヴィンチ」との共同開発で、ロゴのレオナルド・ダ・ヴィンチが目印。サンジョベーゼ種というイタリアの黒ぶどうの特徴がよく出ていて、すみれや、チェリーなど赤い果実の華やかな香りと、しっかりとした渋みがある。いろいろな食事に合う一本だ。肉系の総菜をひと通り試してみたが、特に牛すじ煮込みとの相性がよかった。モツ煮こみやトマト系の料理ともよく合いそうだ。

筆者の近所の店舗には6種類そろっていないのが残念だったが、全種類買って複数人で飲み比べするのも盛り上がりそうだ。

ワールドプレミアム。左からボルドー、キャンティ、リースリング、シラーズ/ヴィオニエ、カルメネール、甲州
▼ワールドプレミアム
フランス ボルドー 1380円(税込み)
イタリア キャンティ 1440円(税込み)
ドイツ リースリング  1380円(税込み)
オーストラリア シラーズ/ヴィオニエ 1380円(税込み)
チリ カルメネール  1380円(税込み)
日本ワイン 甲州 1780円(税込み)
MONO TRENDY連載記事一覧