グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の豆知識

サラダにパン・ビタミンも ちくわの穴の深遠な世界

2018/10/10

安くておいしい庶民の味方・ちくわ=PIXTA

 コンビニエンスストアの冬の定番商品「おでん」がよく売れるのは、実は夏が終わった9月から10月にかけてだとか。最も寒い1月や2月ではなく、夏が終わって気温が急に下がった秋口のほうが、人は温かいものが食べたくなるもののようである。

 おでんの具といえば欠かせないのが「ちくわ」。説明するまでもなく、魚のすり身を竹などの棒に巻きつけて焼くか蒸すかした加工食品である。今回は「予想外の組み合わせでローカルから火がつき全国区の人気になるちくわの世界」をご紹介しよう。

 ちくわはなんとも地味な存在である。おでんの好きな具ランキングでもダイコンと卵が不動の1位と2位で、ちくわはたいてい3位だ。コスパ最強のコンビニ弁当「のり弁」でも必ず「ちくわの磯辺揚げ」が添えられるが、かつおぶしとのりを乗せたご飯が主役で、メインおかずは魚のフライ。ここでも3番手的扱いである。

のり弁にもちくわの磯辺揚げは欠かせない存在=PIXTA

 その起源をたどってみると、衝撃的な事実が判明した。ちくわはその誕生ストーリーからして、主役を奪われるという悲しい歴史があったのである。

 ちくわの誕生時期は定かではないが、書物に最初に登場するのは平安時代。「類聚雑要抄」という古文書に、永久3年(1115年)、関白右大臣の引っ越し祝いの宴に出されたとの記述がある。

 その食べ物は形状からして「ちくわ」のことなのだが、なぜか「蒲鉾」との名前で登場する。そう、ちくわはこの時代、「かまぼこ」と呼ばれていたのだ。というのも、その形が「蒲の穂」に似ているからである。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL