グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ キノコたっぷり!秋ザケのみそバター焼き

2018/10/6

よく混ぜた合わせ調味料をキノコの上からかけます

(4)アルミホイル(25センチ四方)を2枚用意します。ホイル1枚の上にサケの切り身1枚、その上にキノコ類(分量の半分)をのせます。(3)のタレを半量かけて、その上にバターを10グラム(半量)のせます。

ホイルを両端からつまむようにして中心で合わせます。合わせた場所を折り曲げて閉じるようにします。ホイルをふんわりと、具をつぶさないように閉じます。同じようにしてもう一つ、サケのホイル包みを準備します。

バターをのせたら、両端を合わせてホイル包にします

(5)オーブントースターで12~15分、魚焼きグリルなら7~10分加熱します。メーカーによって火加減がかなり違いますので、必ず一度ホイルを開けてサケに火が通っているか確認しましょう。やけどをしないように十分に気をつけてください。

(6)具材に火が通ったら、すぐにホイルを開けて、青ネギをふりかけて、完成です。

ホイルをふんわりと閉じてオーブントースターへ

コクのあるみそバターのタレとキノコを軽く混ぜてから、一緒にサケを召し上がってみて下さい。淡泊でやさしい味わいのサケに、ニンニクがアクセントになっているみそダレがよく合います。そしてバターがさらにコクをプラスしているので、サケのうま味が膨らみます。

魚料理には冷えた白ワインが定番ですが、今回はみそやバターを使っていますので、少し冷やしたミディアムボディーの赤ワインを合わせてみました。魚料理ですが、風味豊かな旬のキノコ&みそ&バターの組み合わせなので、軽めの赤ワインやロゼがよく合います。

青ネギをふりかけて、完成

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL