グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

話題のこの店この味

野菜巻き串、豚バラとのハーモニーにハマる 都内2店

2018/10/9

ハイボールの苦味と野菜巻き串の香ばしさは相性ピッタリ

香ばしく素材のうま味あふれる野菜巻き串は程よく苦味のあるハイボールと実に合う。「今度はなんのネタ(巻き串)にしようかな」と、次の注文に思いを巡らせてしまうのだ。ハイボールでよく出るのは「だるまハイボール」(500円、税別)、ラムネハイボール(450円、税別)、トニックハイボール麦(500円、税別)だ。

ひとしきり野菜巻き串とハイボールを堪能した後に、シメで麺やご飯ものを食べる人が多い。野菜巻き串は、素材の軽さで腹が重たくならないからだ。特に人気なのは「坦々(たんたん)まぜそば」(780円、税別)。太めの麺にネギや自家製ラー油、酢を好みでたっぷりかけて、まぜて食べる。

「うちはカウンターに一人で来られる女性の常連さんも多く、店内のお客全員が女性ということもしょっちゅう。ボリューム系の串や、まぜそばなどスタミナ系メニューもよく出ます。女性と20~30代男性の味の好みは同じです」(同店スタッフ)

女性客を魅了する野菜巻き串盛り合わせ

もう1店は東京・池袋。池袋も飲食店激戦区で、この地で野菜巻き串の繁盛店となっているのが「串焼きバル Man Sun(マンサン)」である。2017年1月にオープンした西口店は特に女性客に人気で、週末ごとに予約で埋まり、時間制限をしている。

「Man Sun」の野菜巻き串も、具材を豚バラ肉で巻いたシンプルなものだ。注文が多いトップメニューは「レタスチーズ」(300円、税別)、プチトマトを巻いた「とまと」(250円、税別)、「れんこん」(250円、税別)など。同店は3000円前後のボトルワインが充実していて、ワインもよく出るが、ハイボールとの組み合わせは圧倒的な人気だという。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL