日経トレンディネット

充電しながらバックアップする

iXpand Compact フラッシュドライブは内蔵ストレージがいっぱいになったiPhoneのデータ移行に向くのに対し、iXpand Baseは日々のバックアップに向く製品だ。充電中にデータをバックアップするというのがコンセプトだ。

iXpand Baseは一見、ワイヤレス充電器のようだから、充電もデータのバックアップもワイヤレスでやってくれるのかと思いきや、実はそんな機能はない。iXpand Baseは裏面にUSB端子があり、ここにLightningケーブルをつないでiPhoneと接続する。また、バックアップされたデータは、iXpand BaseのSDカードスロットに差し込んだSDカード(付属)に保存される。SDカードがいっぱいになったら、データをパソコンに移すか、別のSDカードに差し替えればいい。

iXpand BaseにはSDカードスロットが付いている。ここに挿し込んだSDカードにデータをバックアップする
手持ちのLightningケーブルを差し込んで充電、バックアップに使う

こちらもiXpand Compact フラッシュドライブ同様、iPhoneに最初にケーブルを挿したときに専用アプリのインストールを促される。アプリをインストールしてしまえば、次回以降はケーブルをつなぐだけで勝手にバックアップされる。新しいファイルを検出してバックアップしてくれるのが賢い。さらに、複数のiPhoneのバックアップにも対応しているので家族で共有することもできる。

iXpand Baseが威力を発揮するのは、iPhoneを買い替えたり故障などで初期化したりしたときだ。バックアップしておいた写真や連絡先をすぐに戻せるのは便利だ。iCloudやGoogleフォトなどのクラウドストレージにバックアップを取っておいてもいいのだが、データ量が増えてくると有料になったりファイルがリサイズされたりと制約もある。また、データ容量が大きいとiPhoneに書き戻すのも面倒だ。写真や動画など容量が大きいものをローカルに保存できるメリットはまだまだ大きいと思う。

iXpand Baseで非常に残念なのがLightningケーブルが付属しないことだ。誰でもケーブルは所有しているだろうが、この製品向けの短めのケーブルを付けてくれれば、見た目もよりスマートになったのではないかと思う。

新しいファイルを検出してバックアップしてくれる
バックアップするコンテンツの種類を選べる。

戸田覚
1963年生まれのビジネス書作家。著書は120冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。近著に、『ここで差がつく! 仕事がデキる人の最速パソコン仕事術』(インプレス)がある。

[日経トレンディネット 2018年9月11日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧