「一緒に外出」が不倫宣言に!? go outの意外な意味デイビッド・セイン「間違えやすい英語」(38)go

This printer is good to go now. It just needed ink. プリンターの準備はもうオッケーです。あとはインクだけ必要です。

*good to go: 準備ができている、用意ができている。SNSなどではg2gなどと略されて使われます。また、何かを確かめるために人を待たせているような場面(尋問、税関、先生からの呼び出し)で、You are good to go.(もう行っていいですよ)のように使います。

Our accountant said we were going to go under, but he was wrong. 会計士は会社が倒産すると言ったけど、彼は間違っていた。

*go under: 沈む、沈没する、(会社が)倒産する、(ビジネスが)失敗する

New technology comes and goes, but we need to focus on making customers happy. 新しい技術が生まれては消えていくけれど、顧客満足に重点をおくべきでしょう。

*come and go: 本来は人の出入りや往来を表しますが、「現れてはすぐ消える」という意味でもよく使われます。

We still don't know all the facts, but we need to make a go-no-go decision today. 全ての事実はわからないが、今日中に決行か中止の決定をしなくてはならない。

*make a go-no-go decision: 決行か中止かの決定をする

I think we should go for broke and buy the factory. いちかばちか工場を買ってみるべきでしょう。

* go for broke: いちかばちかやってみる、全力で立ち向かう。大きな得を得るために、全てをかけるというギャンブルから生まれた表現だと言われています。

Sam is just going through the motions. I don't think he cares about his job. サムは仕方なくやっているだけだろう。仕事の関心はないだろう。

*go through the motions :形だけする。仕方なくやる。

A:Your presentation starts in 10 minutes. あと10分であなたのプレゼンはじまるのよ。

B: Don't worry, I'm all set to go. 心配しないで。もう準備万端です。

*all set to go: 準備万端、出かける用意は十分にできている。

:Dセイン

デイビッド・セインの「ビジネス英語・今日の一場面」は木曜更新です。次回は10月11日の予定です。

デイビッド・セイン David Thayne
米国出身、20数年前に来日。 翻訳、通訳、執筆、英語学校経営など活動は多岐にわたる。企業や学校の人気セミナー講師。英語関連の出版物の企画・編集を手掛けるAtoZ(http://www.atozenglish.jp)・AtoZ 英語学校代表。

英語で実務をこなせるようになる実践講座/日経ビジネススクール

確実にマスターできる「英語の学び方」からビジネス英会話、英文メールの表現力を高める講座まで!

>> 講座一覧はこちら

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧