MONO TRENDY

私のモノ語り

松本穂香 もらってびっくりした母の手作り巾着袋

2018/10/5

「母の手作りの巾着袋にお守りを入れています」

ドラマ「この世界の片隅に」(TBS)の主演に抜てきされて注目された、21歳の新進女優・松本穂香さん。大切なものとして見せてくれたのは、動物柄の小さな巾着袋だった。

■心配性の母が、作ってくれました

手作りの巾着袋

「これは、母が手作りしてくれた巾着袋です。私が『この世界の片隅に』の撮影に入るときに、『何もできないけど……』と言って、お守りとして渡してくれたんです。

もらったときは、びっくりしました。母は普段、こういうものを作るような人じゃないんです。基本、めんどくさがりなので(笑)。作ってくれたのは、幼稚園のとき以来じゃないかな。連続ドラマ初主演でしたし、私が演じたすずが巾着袋を作って子どもにあげるというシーンもあったので、こういうものを作ってくれたのかなと思います。

この中には、お守りをたくさん入れています。大阪の祖母が送ってくれたものや、年末年始に自分で買ったもの……5個は入っていると思います。

神様がケンカする? それは、あまり気にしないです(笑)。悪いものじゃないと思っているので、もうごちゃ混ぜにして入っています。

動物柄は、母の好み、センスなのかな。私が好きな動物がこの中にいる、ということではないです(笑)。かわいい、女の子らしいものを選んでくれたんだと思います。

この巾着袋を、撮影現場に毎日、持って行ってました。正直、それをじっと見るような余裕はなかったんですけど、パッと目に入ると、『がんばろう!』と思いました」

「お守り」に見守られながら撮影を乗りきった松本さん。彼女自身は、手作りのものをプレゼントしたことはあるのだろうか。

「母とは、あんまり似てないんじゃないかな。すごく心配性な人なんです」

「モノじゃないですけど、お菓子を作ってプレゼントすることはあります。高校生くらいになると、バレンタインデーにみんな、友達のためにお菓子を作ってくるんですよ。そういうときにも作りましたし、誕生日にも作って、よくあげてました。

クッキー、パウンドケーキ、あとアップルパイも、簡単なものですけど作ります。一番得意なのは、チーズケーキ。と言っても、ネットで基本のレシピを調べて作るので、ごく普通のチーズケーキですけど(笑)。友達にあげると、みんな喜んでくれます。

お菓子は、自分で食べるために作ることはないです。人にあげるときしか、作らない。食べるのは好きですけど、自分で食べるときは買って食べます。買ったものの方がおいしいかなって……(笑)。でも誰かからもらうものは、気持ちのこもっているものなので、もっとおいしいなって感じます。

これからチャレンジしたいのは、マカロンです。実際に作るとなると、とてもめんどくさそうですけど(笑)」

「お菓子作りは無心になれるので、リフレッシュにもなります」

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
吉野家をV字回復させた敏腕マーケター ヒットの法則
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
誠品生活の実力 「世界で最もクールな百貨店」の正体
ALL CHANNEL