日経マネー

吉井 短い期間のリスク水準は数値が振れやすいので、できれば5年、10年と長めの実績を見ましょう。「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は短い実績しかありませんが、同じ資産配分で運用する「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の実績を参考にするといいでしょう。

バランス型投信の例(つみたてNISA)

K 確かに、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」と「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の1年のリスク値は年率5.16%で同じですね。「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の5年のリスク値は8.62%とありますが、これはどう捉えればいいですか。

吉井 統計学的には、この数値の2倍の変動を想定すると、ほぼその範囲に値動きが収まるといわれています。2倍すると約17%なので、年率プラスマイナス17%の範囲に収まると考えればいいでしょう。

K 意外と変動が大きいのですね。

吉井 「eMAXIS バランス(8資産均等型)」は、株式やREIT(不動産投信)といったハイリスクな資産が約6割、為替リスクのある資産も約6割入っているので、リスク水準が比較的高いバランス型投信といえます。

K 5年間の実績は分かりましたが、10年間は「eMAXIS バランス(8資産均等型)」もデータがないので分かりませんね。

吉井 その場合は、他のバランス型との相対感から推測するしかありません。例えば、より長い実績がある「ダイワ・ライフ・バランス」シリーズの5年のリスク値と比べてみてください。同シリーズは株式組み入れ比率に応じて「30」「50」「70」の3本の投信があります。「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の5年のリスク値は、「50」と「70」の間くらいですね。では、「50」と「70」の10年のリスク値はどうでしょう。

K 9.74%と13.40%です。

吉井 ということは、「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の10年のリスク値は10%を超えそうですね。

K その2倍とすると、年間にプラスマイナス20%くらい変動するということか。私のリスク許容度からすると「30」くらいの方がよさそうですね。

吉井崇裕
イデア・ファンド・コンサルティング社長。ファンド・アナリストとして、国内約6000本の投資信託を常時分析する。モーニングスター、三菱アセットブレインズにてファンド・アナリスト、朝日ライフアセットマネジメントにて販売および運用関連業務に従事。現在は神奈川県鎌倉市で個人投資家向けに投資助言サービスも行う。http://ideafc.co.jp/

[日経マネー2018年11月号の記事を再構成]

日経マネー 2018年 11月号

著者 : 日経マネー編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 730円 (税込み)


注目記事