e-BIKE・折り畳み・ロングテール…19年型自転車6選2019年モデル自転車(下)

2019年モデルから選んだ注目の6台だ
2019年モデルから選んだ注目の6台だ

スポーツサイクルブランドのほとんどがイヤーモデル制を採用している。次年度モデルが発表されるのはだいたい夏から秋にかけて。いままさに各社から「2019年モデル」の情報が続々と解禁されている最中だ。前回は注目度の高いロードバイクを紹介したが、今回はそれ以外のカテゴリーの新型モデルをピックアップして紹介する。

ロードバイク以外のスポーツサイクルで、いまもっとも話題を集めているのは何といっても「e-BIKE」だろう。簡単にいえば電動アシスト付きのスポーツサイクルのことだ。すでに欧州ではひとつのカテゴリーとして定着するほど人気となっているが、日本では昨年から本格的な展開が始まったばかり。19年モデルでもいくつかのニューモデルが発表されており要注目である。

欧州で人気の高いMTBタイプのe-BIKE

メリダ「eビッグセブン600」
価格:35万9000円(税別、以下同) 
フレーム:アルミ 
フォーク:マニトウ・マチェーテコンプ 100ミリ 
電動アシストユニット:シマノ・ステップスE8080 
ドライブトレーン(*注):シマノ・デオーレ 1×10速 
タイヤサイズ:27.5×2.2 
フレームサイズ:43センチ 
カラー:グリーン/ブラック 
車体重量:19.2キロ

マウンテンバイク(MTB)タイプのe-BIKEはすでにヤマハやパナソニック、ミヤタなどが国内販売を行っているが、19年モデルではMTBクロスカントリー競技で世界選手権の優勝をはじめ、数々の輝かしい実績を誇る台湾のメーカー、メリダも加わる。

eビッグセブン600は台湾本社のe-BIKE専用工場で製造されたアルミフレームに軽量コンパクトな電動アシストユニット、シマノ・ステップスE8080を搭載。大容量バッテリーにより、ハイパワーモードでも一充電あたり100キロに迫る走行距離を実現している。100ミリのストローク量を持つサスペンションフォークに油圧式ディスクブレーキ、2.2インチ幅のブロックタイヤを標準装備し、本格的な山道ライドも楽しめる仕様だ。

スタイリッシュなエアロフレームを採用

ジャイアント「フォーマ」
価格:7万4000円 
フレーム:アルミ 
フォーク:アルミ 
ドライブトレーン:シマノ・クラリス 2×8速 
タイヤサイズ:700×28C 
フレームサイズ:46.5、50、53.5センチ 
カラー:マットシルバー、マットブラック 
車体重量:10.0キロ(50センチサイズ) 

2019年モデルからジャイアントのラインアップに加わったブランニューモデル。高速走行に適したライドポジションに細めの28Cタイヤ、フラットバーハンドルを採用した「フラットバーロード」というカテゴリーに属する。

フレームのダウンチューブ(写真でメーカーのロゴが書かれた部分)に翼状断面を採用するなど、ロードバイクの世界でトレンドとなっているエアロ形状を意識した。もっともこちらはエアロダイナミクスを追求したというより、あくまでスタイリング上のアクセントとして採用されたものだ。

かつてジャイアントは同様のコンセプトをもつ「FCR」というモデルをラインアップに入れていたことがあり、都市を走るメッセンジャーに人気を博した。その現代版がこのモデルである。こうしたエアロ形状のフレームはその構造上、重くなってしまいがちだがフォーマの車重は10キロとなかなか軽量だ。

*注:走行性能に影響力の大きい変速機(ディレーラー)やクランク、チェーンなどの駆動系部品を総称したもの。

MONO TRENDY連載記事一覧