powered by 大人のレストランガイド

甘塩っぱさがたまらない 新顔チーズスイーツ都内4店

最長で20センチ近くも伸びる「のびるチーズケーキ」

次はフレッシュチーズを毎日手作りしているチーズ専門店「渋谷CHEESE STAND」の「のびるチーズケーキ」(360円、税込み)。外見は普通のベイクドチーズケーキだが、フォークで1口分を取り出すと、中に入っているモッツァレラチーズがぐーんと伸びる。思わず写真を撮りたくなる。

同店のチーズケーキに使うモッツァレラチーズは毎日渋谷の店舗内で手作りされているもの。「出来たては水分が多すぎるため、1日寝かせたものを使っています」と同店マネージャーの藤川千鶴さん。職人が丁寧に練りあげたものなので、チーズの繊維がよく伸びるモッツァレラに仕上がっているという。

生地には同じく手作りのリコッタチーズを練りこみ、たっぷりのモッツァレラチーズとドライクランベリーを包んで、店内で焼き上げる。注文が入ってからモッツァレラチーズが軟らかくなる温度に温め直して提供。リコッタチーズが香るふわふわのスフレ生地とモッツァレラチーズが混ざり合う。

「嗅覚でも視覚でもチーズを楽しんでいただきたいと思っています。口に入れる直前にふわっと香るリコッタチーズと、驚くほど伸びるモッツァレラチーズで、お客様に楽しくご堪能いただいています」と藤川さん。

テークアウトもできるが、チーズが最適な状態で提供したいので、イートインをお薦めしているという。数量限定の人気商品だ。

サクサクした食感の「スフォリアテッラ」

また同店では、イタリア・ナポリの伝統的な菓子「スフォリアテッラ」(420円、税込み)も楽しめる。スフォリアテッラとは、何層にも折り重なったパイ生地の中にリコッタチーズが包まれたナポリの朝食の定番。日本ではまだ珍しいが、じわじわと人気が拡大している。

「シナモンやドライフルーツの香りがとても強い現地の味を日本人向けにアレンジし、スパイスを減らしてチーズを多めにしています。手作りチーズを堪能していただけるよう、リコッタチーズをたっぷり使って優しい味わいに仕上げました」(藤川さん)という。

外側はサクサクで、リコッタチーズの香りが鼻に抜け、コーヒーや紅茶、ワイン、シャンパンとも相性が良い。テークアウトした場合、トースターで軽く焼くとより一層香りがいいとのことだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト