所有地に無断駐車、賠償請求はできる 920万円判決も弁護士 志賀剛一

「看板で罰金が掲示してあるのを見たうえで駐車したのではないか」との反論もありそうですが、それだけでは意思の合致があったとはいえないのです。では、まったく金銭請求ができないかというとそんなことはなく、少なくとも実損に相当する金額の請求は可能です。これは後述します。

また、「無断駐車は警察に通報します」の看板の内容はどうでしょうか。もちろん、オーナーが警察に届けることは可能です。しかし、公道の違法駐車の場合には警察に連絡をすれば駐車違反として処理をお願いすることもできるのですが、私有地や駐車場として使用されている土地の場合、道路交通法は適用されない(したがって「違法」駐車ではない)ので、警察がそれを取り締まることはできません。

周辺の相場程度の駐車料金は請求できる

つまり、「無断駐車は罰金1万円申し受けます」や「無断駐車は警察に通報します」のような看板は、残念ながら法的な裏付けは希薄であると言わざるをえません。

しかし、これらは無断駐車は容認しないという対外的な表明であり、「駐車禁止と書いてないから止めた」などの言い訳を封じることが可能になるので意味がないわけではありません。また、この場所は管理の目が光っていることを知らしめるのは重要なことです。

では、オーナーが自分でレッカー車を手配して車両を移動したり、タイヤにロックをかけて移動不可能にしたりすることはできるでしょうか。結論的にはこれらは違法です。日本のみならず、法治国家ではたとえ権利を侵害されたとしても、国家機関の手続きによらずに実力で権利回復をすることは許されない「自力救済の禁止」の原則があるからです。

自力救済はこのコラムでも何度か登場していますね(「Case2:知人に貸した100万円が戻らない 泣き寝入りか…」 「Case4:家賃を1カ月分滞納 鍵の交換を通告されたが…」)。場合によっては逆に損害賠償請求をされるケースもありますから注意が必要です。

ただし、駐車している自動車に触れないようコーンを置く程度は許容されるでしょうし、自動車に無断駐車を注意する張り紙をすることも許されると思われます。この場合、跡が残るような接着剤を使用することは避け、ワイパーに挟むなど車両に損傷を与えない方法が無難です。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
所有者の氏名や住所を取得できる場合も
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし