ワンモーションで掃除が始められる操作性がユニーク。掃除を始めるときは、ハンドルを持ってスッと手前に引くだけで、向きを変えることなく、そのまま掃除機がかけられる。ハンディークリーナーとして使いたいときは、真上に引き上げれば、ハンディー部だけが取り外せるので、パイプを引き抜く手間もない。

吸引力にもこだわった。新開発した小型軽量モーター「JCモーター」は、超高速回転と高効率化により、高い吸引力と軽さを実現。ブラシの吸い込み口を広く確保することで、大きなごみも吸引し、スムーズに本体に吸引される構造を採用している。

排気を利用したエアブロー機能は、本体内に吸い込みたくないゴミや、すき間掃除に便利だ。連続運転時間は標準モードで約40分。

掃除を始めるときは、ハンドルを持ってスッと手前に引くだけ。真上に引き上げればハンディー部だけが取り外せ、ハンディークリーナーになる
エアブロー機能は、吸込口の反対側にある排気口にエアブローノズルを差し込んで使う。ベランダに溜まった葉やサッシの砂ぼこり、掃除機が届かない場所のゴミを吹き出すなどの使い方ができる

シャークニンジャ Shark EVOFLEX/家具の下まで掃除

米国の掃除機メーカー、シャークニンジャが満を持して日本に投入した「Shark EVOFLEX(シャーク エボフレックス) S30」。パイプが曲がるなど、独自の機能を搭載している。質量は1.63kg、運転時間は最長約66分。直販価格6万9800円

米国の掃除機市場でトップシェアを誇るシャークニンジャが2018年夏、日本に初上陸し、投入したのがコードレススティッククリーナー「Shark EVOFLEX(シャーク エボフレックス) 」。

ヘッドに2種類のブラシを搭載しているため、床面に合わせてヘッドを交換する必要がなく、細かいほこりから大きなゴミまでパワフルに吸引するという。

次のページ
ダイソン Dyson Cyclone V10/最長60分、ごみも捨てや