N
NIKKEI STYLE キャリア
英語「瞬発力」トレーニング

2018/9/25

英語「瞬発力」トレーニング

もっと「流暢に英語を話したい!」という欲求に素直になりましょう。「ペラペラ話す」ことを求めることに罪悪感を持つ方が異常なのですから。わだかまりがなくなれば、練習に取りくむことがずっと楽しくなります。

というわけで、ここでは流暢に話したいという本音を大事にします。

手っ取り早く有効な技法として

ではどうすればよいのでしょうか?

具体的で手っ取り早い方法として、「,(カンマ) which」を使うという技法があります。「, which」を使えば、シンプルで短い英文をどんどんとつぎ足しながら話すことが可能になります。後述しますが、ビジネスの局面においても実は非常に有効な技法です。「, which」は、「そしてそれが」、もしくは「そしてそれを」という訳で最初は覚えておきましょう。短い文をどんどんつぎ足しながら途切れなく話すことができるようになります。

大切なのは「難しい構文で一文が長い英語を話す方が高級だ」という思い込みを捨てることです。よく観察すればそのようなタイプの複雑な英文はあくまで書き言葉での主役たちです。日本語でも新聞の社説のような話し方はしませんよね? 読んでから、話し言葉に変換しているものです。まずは音読によってベーシックな〈英語で「思う」力〉を手に入れましょう。

思い、話せるようになった人は、必ずより深く、速く、精密に読める能力を身につけることができます。その逆、すなわち黙読だけでは4技能は決して手に入らないのです。まずは、思い、話せるようになりましょう。

音読トレーニング

次の文を音読してみましょう。

I went to Kobe the other day and met my old friends, which was a great time because we had such a nice conversation, which I want to do some time soon again, which could be pretty difficult though as my job usually doesn't allow me to do it, which I hate.

(この前神戸に行って昔からの友達に会ったんだけど、それがすっごく楽しかったんだ、っていうのも話しててほんとに楽しくて、そしてそれをまたやりたいんだ……そしてそれが結構難しくはあるんだけど、っていうのも仕事の方が許さなくてね、それが嫌なんだけど。)

次のページ
現実的な「戦う技術」としての「, which」
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら