powered by 大人のレストランガイド

うまいに決まってる 静岡キンメダイ、煮えた割り下へふるさと 食の横道(6) 駿河湾編

キンメダイの身をグツグツ煮えた割り下に潜らせ、ササッと引きずる
キンメダイの身をグツグツ煮えた割り下に潜らせ、ササッと引きずる

海の上から富士山を見たいと思っていた。かすかに雪を掃いた山頂。その辺りをそよぐ雲。天を三角に切り裂いたような姿を、遮るもののない所から見たいと思っていた。それも晩秋から初冬にかけてだ。空の青と海の青が淡く溶け合う季節だからだ。

地図を見ていたら格好のルートがあった。清水港と伊豆半島西岸の土肥(とい)港を結ぶフェリー航路がある。洋上の旅は1時間10分。天気さえ良ければ航海中、ずっと富士山が見える。西伊豆に着いたら黄金の夕日を眺めることができるだろう。行くべし。

2015年11月の末、東京から新幹線で静岡に向かった。そこから車で清水港へ。港には「清水魚市場 河岸の市」がある。魚介の仲卸業者の店が立ち並び、飲食施設も充実している。フェリーの出航時間まで、ここで過ごすことにした。

主役はマグロだけれど、それについて書いても仕方がない。脇役に面白いものが多い。例えば「海つぼ」という巻き貝を売っている。静岡ではこう呼ばれるが、バイ貝のことだ。北陸ではおでんに入れる。この辺りでは煮て食べるらしい。

静岡名物の黒はんぺんのフライ

「イルカのたれ」もあった。イルカの肉を醤油漬けして乾燥したもの。昔は盛んに食べられたイルカだが、最近の若い人はなかなか口にしない。以前、ここを訪れたときは何軒かの店で扱っていたが、1軒だけになっていた。

同じく「イルカのすまし」。イルカのひれを薄く切ったもので、近くの蒲原では「蒲原ゴム」と呼ぶ。ゴムのような歯応えがあるためだ。

そして「黒はんぺん」の存在感が圧倒的だ。魚を身だけではなく、骨や皮ごとすりつぶして蒸したもので、静岡の食卓に欠かせない一品だ。そのまま食べる。焼いて食べる。フライにして食べる。何しろ1枚30円ほどなので、1袋買えば立派な1皿になる。

荷物を預かってもらっていた市場の事務所での会話。

「黒はんぺんのフライにはソースですか? 醤油ですか?」

「私は醤油」

「うちではみんな醤油なんだけど、夫だけはソース」

どっちもうまい。

フェリーが出航する時間が近づいてきた。フェリーの甲板で富士山を見ながら食べようと思って寿司を買ってタクシーに乗り込んだ。

「フェリー乗り場まで」

「お客さん、きょうは強風でフェリーは動いていませんよ」

「えっ」

取りあえず、乗り場に行くと「全便欠航」の看板が出ている。全便だから、待ってもフェリーは出ない。どうしよう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト