powered by 大人のレストランガイド

野菜も肉も選べるハワイのサラダ専門店 東京・表参道

野菜も肉もチーズもがっつり入った「アロハサラダ原宿店」のサラダ
野菜も肉もチーズもがっつり入った「アロハサラダ原宿店」のサラダ

この秋は天候不順もあって野菜の価格が高く、特に葉物野菜への影響が大きい。でも新鮮な野菜を毎日食べたい。そんな時に強い味方になってくれる店が最近増えているサラダ専門店だ。東京・表参道周辺では2016年ころからサラダ専門店が続々開店しており、「アロハサラダ原宿店」はハワイの人気専門店の日本1号店だ。

ハワイの本店を創業したのはラフラノ夫妻。「子どもたちに安心・安全で新鮮な食べ物を食べさせたい」という思いからはじまった店だ。

「アロハサラダ」はハワイに住む50万人が人気グルメ店などに投票する「Hawaii’s Best-BEST OF THE BEST」のサラダ部門で8年連続1位を受賞した。地元では、ピザをテークアウトする時に、アロハサラダにも立ち寄ってサラダを買って一緒に楽しむ、といった使い方で親しまれている。新鮮で品質にもこだわった野菜がたっぷり使われ、もりもり食べられることが人気の秘密だ。

「アロハサラダ原宿店」の理念は「フレッシュ ローカル ヘルシー」。ハワイ本店のものを受け継いでいる。野菜は日本の品種も取り入れており、完全菜食主義のビーガンや小麦アレルギーの人向けのグルテンフリー、アスリートにも対応した豊富なメニューがそろう。

ハワイの言葉がメニューに使われている「マハロクラブサラダ」

注文方法もユニークだ。まずは主食にあたるベースを選ぶ。ベースはグルテンフリーのパスタ、パン、雑穀玄米、クスクスから選ぶことができる。ベースなしも選択できる。次に10種類あるサラダを選ぶ。それぞれ使われている野菜や具、ドレッシングが違う上に、「マハロクラブ」や「ホイホイチキン」など日本では珍しいハワイ語の名前がついているので、迷ってしまう。具はシーフードや鶏肉、牛肉のほか、豆乳で作ったソイチーズやダイズミートといったベジメニューまで様々。最後にトッピングを選ぶ。ケース内には話題のスーパーフードを始め、バラエティー豊かなトッピング素材が並んでいるので、どれにしようか眺めるだけで楽しい。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト