マスターピースのリュック 薄く軽いビジカジの魅力特集 人気3ブランド 秋の注目ビジネスリュック(下)

マスターピースのビジネスリュックは、よりカジュアルになっているが、幅広い層に支持されているという
マスターピースのビジネスリュックは、よりカジュアルになっているが、幅広い層に支持されているという

ビジネスバッグの選択肢として当たり前になったビジネスリュック。人気ブランドごとに注目モデルを紹介していく。 第1回のポーター(吉田カバン)第2回のTUMI(トゥミ)に続いて取り上げるのはマスターピース。2018年秋冬シーズンの新作ビジネスリュックは、よりカジュアルな印象を持つ、ビジカジ(ビジネスカジュアル)なデザインが特徴となっている。

「ビジネススタイルのカジュアル化により、やわらかな印象のレザーモデルや、コーティング加工を施したナイロンモデルなどビジカジ寄りのリュックを展開している」というのは、MSPC PRODUCTのマスターピースプレス、辻川直也氏。荷物が少ないビジネスパーソンも増えていることから、「薄マチなどサイズ感もスマートなものが人気」だという。

一番売れているビジネスリュック

マスターピース「STREAM 2WAYバッグ」(3万9000円、税別※以下同) サイズ:W28×H42×D11cm

マスターピースで一番売れているビジネスリュックが、2018年春夏シーズンに発売した、STREAMシリーズの2WAYバックパックだ。

STREAMシリーズのバッグは、伊勢丹別注モデルが発売されるなど、非常に人気が高い。このデザインに見覚えがあるという人もいるのではないだろうか。

「18年春夏は、STREAMのビジネスリュックとして3WAYタイプとリュックタイプを発売しました。秋冬は2WAYタイプにすることで、より無駄をそぎ落としたデザインとなっています」(辻川氏)

新作は薄マチでコンパクト。さらに横幅にもこだわり、リュックが体のラインからはみ出ないようにスリムに設計したという。サイドにハンドルが付いており、大事な商談など、いざというときにブリーフケースとして横持ちできる点もうれしい。

メインコンパートメント内部には縦型と横型のファスナーポケットを備え、背面にPC収納を搭載する

メインコンパートメントの内ポケットには縦と横のファスナーを設け、2WAYどちらの持ち方でも使えるように作られている。フロントポケットも縦型と横型があり、縦ポケットの内部にはペンホルダーなどのオーガナイザーを搭載。また、背面には15インチPCを収納できる独立したPCコンパートメントも備える。

主素材には、コーデュラファブリックに防水透湿フィルムをラミネートした、オリジナル素材「マスターテックスナイロン」を使用したタフな作り。要所に、なめしの段階で防水処理を施した「スコッチガードレザーを取り入れ、品よく仕上がっている。

使い勝手がよく、ビジカジなデザインも人気で、30~50代と幅広い層に支持されているという。

オン・オフ使える軽量カジュアル

マスターピース「Various バックパック」(2万2000円) サイズ:W27×H40×D10cm

カジュアル化が進むビジネスファッション。18年春夏シーズンに登場した「Various バックパック」は、そんなトレンドに対応し、オン・オフ問わず使えるモデルとなっている。

MONO TRENDY連載記事一覧