MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

動画やSNS使い放題 スマホ通信量フリーのお得度 格安SIM最前線

2018/9/26

ゼロレーティングを利用することで、速度制限から逃れることができるかもしれない

格安SIMを扱う携帯電話キャリア(携帯電話会社)の中で、「ゼロレーティング」を取り入れるところが増えている。これはスマートフォンの通信で、指定のサービスを利用したときのデータ通信量はカウントされないという機能。格安SIMで広まった機能だが、8月にはソフトバンクもメニューに取り入れて話題になった。具体的にどんな機能で、どのようなメリットがあるのかを見ていこう。

■対象サービスの通信が無料に

ゼロレーティングは特定のサービスを利用したときのデータ通信量が料金プランの通信容量から差し引かれないという機能だ。提供するキャリアによって「カウントフリー」や「データフリー」など呼び名はさまざまだが、基本的な機能は共通している。

一般的な料金プランでは、契約した通信容量を使い切ってしまうと、通信速度が料金請求の締め日(翌月1日など)まで低速に制限されてしまう。動画サイトやSNSの使いすぎで、速度制限がかかってしまったという経験を持つ人もいるだろう。

だが、ゼロレーティング機能を利用していれば、対象サービスを使ったときの通信量はカウントされない。例えば「BIGLOBEモバイル」のエンタメフリー・オプションを契約すれば、YouTubeの動画やAbemaTVの番組を何時間視聴しても、通信容量を消費したことにはならない。実質的に無料で通信できるというわけだ。

キャリアによって、対象サービスは異なる。SNSや動画配信サービス、音楽配信サービスなどが多いが、LinksMateのように「アイドルマスターSideM」などスマホゲーム40タイトル以上を対象としているキャリアもある。

■対象サービスにハマっている人ほどお得に

ゼロレーティング機能の利用料金はキャリアによって無料と有料がある。たとえばLINEモバイルやOCNモバイルONEは無料で利用できる。

対象サービスのヘビーユーザーなら、有料であっても利用する価値はある。

たとえばBIGLOBEモバイルの場合、音声通話SIM向けのゼロレーティング料金は月額518円。毎月12ギガバイトのプランが月額3672円なのに対して6ギガバイトにすれば月額2322円で済む。もし、対象サービス以外の通信が6ギガバイト以内に収まるなら、料金を支払っても利用した方が毎月のコストは安くなる。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
個店開拓の領域 QR決済事業者は3陣営に収れん?
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
コンビニを侵食 ドラッグストアは「小売りの王者」
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL