夫の収入減に見舞われた子だくさん家計 光はあるか家計再生コンサルタント 横山光昭

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

「夫の収入が減り毎月、赤字続きです……」。重い表情で家計相談に来たのは、アルバイトで生計を助けている主婦のRさん(44)。自営業の夫(50)の収入が最近2か月、通常より10万円ほど少なくなり、家計の赤字が膨らんでしまったのです。収入が回復するかどうかは分からず、「家計を何とかうまくやり繰りしたい」と望んでいます。

子供5人、食費・教育費は削りたくない

Rさんには5人の子供がいます。高校2年生の長男を筆頭に、中学2年生の長女、小学6年生の次男、そして小学3年生で双子の次女、三女です。「この子たちの教育費を支払わなくてはいけないので、貯蓄は減らしたくない」。Rさんの思いは切実です。

貯蓄残高は920万円。これから順番に5人の子供の大学費用を払うことになると考えると、現状は明らかに資金不足です。夫は「自営業なので会社員より長く働き、収入を得られる」と見込んでいるようですが、予定通りにならない可能性もあります。さらに夫婦の老後資金も視野に入れなければなりません。にもかかわらず、現状で毎月12万円ほどの赤字。早急に改善しないと、貯蓄がどんどん減ってしまいます。

家計の状況を聞きました。夫の収入は減ったというものの、手取りは月69万円あります。妻はアルバイトで4万円の収入を得ており、収入合計は73万円。対して支出は85万円なので、毎月12万円近い赤字があります。夫に賞与(ボーナス)の支給はなく、貯蓄で赤字を埋め合わせています。

Rさんの家計ではどんな費用がかかっているのでしょうか。「うちは子どもが多いので、支出が多くなるのは仕方ない。できるところは節約し、子どものための食費や教育費にはお金をかける」とRさん。でも、子供の人数が多いとはいえ、月16万円超の食費は高額です。また全員、公立の学校に通っているのに、教育費が14万円超もかかっています。Rさん自身はメリハリをつけた支出を意識しているようですが、高額支出の費目は、明らかに緩みがちだったのです。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし