■30~40代の関心高く定番アイテムに

ワイドパンツは若者の印象が強いが、ユーザー投稿では30歳代や40歳代のユーザーが「ショップスタッフのおすすめ」を尋ねるものが多く見受けられた。トレンドから定番アイテムとなったこともあり、高い年齢層の人たちが取り入れる動きがみえた。

それに対して、ショップスタッフの多くが提案したのは、シルエットが奇麗なワイドパンツ。スラックスをはじめ、ミリタリーパンツやワークパンツなど、様々な種類のパンツが顔を並べたが、一貫してシルエットが奇麗なものだった。パンツはシルエットが命という言葉は間違いないだろう。

30年以上ワークウエアを作り続ける老舗メーカーのペインターパンツ。丈夫なコットンドリル生地やトリプルステッチなどを採用し、タフにデザインされた一本(Stan Ray ペインターパンツ 7992円税込み)

■オールシーズン使えるジーパンとチノパン

どのアイテムにも共通して「オールシーズン使える」ものを求める声は、一定数ある。それはワイドパンツだろうと例外ではない。

それに対して、多くのショップスタッフが提案したのは、ジーパンとチノパンだ。いままではストレートやテーパードシルエットが主流であったが、新たな選択肢としてワイドシルエットが定着しつつあるのだろう。

若者を中心に爆発的人気のAURALEEのワイドデニム。ブランド初となるコットンデニムは、上質な素材を精巧なシルエットで組み合わせた至極の一本(AURALEE ハードツイストデニムワイドパンツ 2万7000円税込み)

■センタープレスで上品な印象に

投稿を見ると、独特なシルエットゆえに、どうしても「野暮ったい」や「カジュアルすぎる」といった印象を抱いてしまう人がいるようだ。スラックスのような上品な一本を求める声が目立った。

それに対して、ショップスタッフの多くが提案したのは、センタープレスが入ったワイドパンツだ。大人な見た目に昇華してくれるのはもちろんだが、奇麗な脚のラインを演出してくれる。ワイドシルエットの野暮ったさをうまく緩和してくれるのだ。

1960年代にノーアイロンのスラックスで当時の若者から熱い支持を受けたスタプレ。そんな名作をワイドシルエットにアップデートしたのがこちら。センタープレスがいい表情をしている(Levi’s STA-PREST WIDE LEG CROP 7560円税込み)

文:FACY編集部 齊藤 峻(https://facy.jp/)

「 Fashion × Analytics 」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram